このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000090985
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006221
事例作成日
(Creation date)
2009年12月11日登録日時
(Registration date)
2011年09月13日 11時53分更新日時
(Last update)
2011年09月13日 11時53分
質問
(Question)
ありんす詞(廓詞)の使い方を知りたい。また、登場人物がありんす詞を使っている小説を紹介してほしい。
回答
(Answer)
ありんす詞の文法については『時代考証事典 続』(稲垣史生著 新人物往来社 1985年)、『江戸の女ことば:あそばせとアリンスと』(杉本つとむ著 創拓社 1985年)に掲載がある。また、吉原を舞台にした小説でありんす詞を使用しているものとしては、『吉原手引草』(松井今朝子著 幻冬舎 2007年)等がある。他の資料については照会資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.『国史大辞典』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1984年)の索引から「ありんす詞」を検索し、4巻の「廓詞」の項を確認。「廓詞」は近世、遊里などが使っていた特殊なことば。里ことば、アリンスことばともいう。吉原の廓詞は、当時流行していた六法詞(ろっぽうことば)を基とし、京の島原の廓詞を取り入れたものといわれる。

2.『時代考証事典 続』(稲垣史生著 新人物往来社 1985年)→16「吉原総説」の「吉原の言語」の項を確認。p400-402に解説、p402-406に「ありんす語文法」がある。

3.『江戸の女ことば:あそばせとアリンスと』(杉本つとむ著 創拓社 1985年)→第3章「エロスとユマニスムの女ことば」に「アリンス詞の世界」の項があり、使い方についても記述がある。

4.吉原を舞台にした小説として、次の資料を紹介。
・『吉原手引草』(松井今朝子著 幻冬舎 2007年)
・『吉原御免状』(隆慶一郎著 新潮社 1986年)
・『勝山心中』(押川国明著 講談社 2001年)
・「蕭蕭くるわ噺」「剣鬼と遊女」(『剣鬼と遊女(旺文社文庫)』(山田風太郎著 旺文社 1984年)収載)
事前調査事項
(Preliminary research)
「たけくらべ」『にごりえ・たけくらべ(岩波文庫)』(樋口一葉作 岩波書店 1999年)、『五番町夕霧楼(新潮文庫)』(水上勉著 新潮社 1979年)では使われていなかった。
NDC
語彙  (814 9版)
参考資料
(Reference materials)
『時代考証事典 続』(稲垣史生著 新人物往来社 1985年) (p402-406)
『江戸の女ことば:あそばせとアリンスと』(杉本つとむ著 創拓社 1985年) (p236-284)
『吉原手引草』(松井今朝子著 幻冬舎 2007年)
『吉原御免状』(隆慶一郎著 新潮社 1986年)
『勝山心中』(押川国明著 講談社 2001年)
「蕭蕭くるわ噺」「剣鬼と遊女」(『剣鬼と遊女(旺文社文庫)』(山田風太郎著 旺文社 1984年)収載)
キーワード
(Keywords)
ありんす詞
廓詞
里詞
花魁詞
江戸時代
吉原
遊女
隠語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『日本国語大辞典』第1巻(小学館編集・発行 2000年)p661の「ありんす」の項の語誌によると、「吉原の廓言葉を「ありんす言葉」と称するのは江戸期には一般的でなく、明治以後使用されたもののようである。」
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
日本語(方言等)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000090985解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決