このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000090891
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-110035
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2011年09月08日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年09月08日 02時00分
質問
(Question)
1.後醍醐天皇が隠岐に流される時に、オジマタカノリが宿に忍び込み、桜の木に刻んだという詩が知りたい。
小学校のころに唱歌にあった。

2.この詩の中の「范蠡」とは何か知りたい。
回答
(Answer)
1 詩について
下記資料に記載があります。
児島高徳 「天勾践を空しゅうすることなかれ ときに范蠡なきにしもあらず」
なお人名の読みかたは「コジマタカノリ」でした。

資料1 みやびのけしき 古典傑作選. 学習研究社, 2004年 (memoriesシリーズ) 【918/コテ042】
p.127 火坂雅志「”究竟の忍び”を駆使した児島高徳」の項。

資料2 定本日本の唱歌. 堀内敬三. 実業之日本社, 1970年 【767.7/ホ1-2】
pp.195-196「百四、児島高徳」に唱歌「児島高徳」の歌詞および解説があります。

資料3 日本の唱歌 中巻. 金田一春彦. 安西愛子. 講談社, 1982年 (講談社文庫) 【767.08/ニホ825/Bコウタ】
pp.52-53「児島高徳」に歌詞・解説・楽譜があります。

2 「范蠡」について
資料1 p.127に以下の記述があります。
「(前略)囚われの身となった天皇に対し、「越王勾践を救い出した范蠡のごとき忠義の臣が、必ずあらわれます。どうかそれまで、あきらめないで下さい。」と、励ましの言葉を伝えたのである。(後略)」

資料4 新編東洋史辞典. 京都大学東洋史辞典編纂会. 創元社, 1980年 【220.03/803/R】
p.718に「はんれい 范蠡」の項目に以下の記述があります。
「前5世紀ごろ春秋時代の越王勾践のもとにいた忠臣。(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
古典傑作選. 安藤/千鶴子∥監修・文 岡田/正人∥写真. 学研, 2004.2【918/コテ2004.2】:
定本日本の唱歌. 堀内 敬三/著. 実業之日本社, 1970【767.7/ホ1-2】:
日本の唱歌 中. 金田一 春彦/編 安西 愛子/編. 講談社, 1979【767.08/ニホ1982.5/Bコウタ】:
新編 東洋史辞典. 京大東洋史辞典編纂会/編. 東京創元社, 1980.3【220.03/1980.3/R】:
キーワード
(Keywords)
児島, 高徳(コジマ, タカノリ)
唱歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000090891解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決