このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000090886
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-110029
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2011年09月08日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月07日 10時01分
質問
(Question)
「さくら」の漢字は旧字体では「櫻」と書く。なぜ木偏に貝二つ,女で「櫻」となったのか,成り立ちを知りたい。
回答
(Answer)
1 「櫻」の成り立ちについて
資料1 尾上兼英監修『旺文社小学漢字新辞典 改訂版』旺文社, 1985
p.504「桜」の項目に以下の記述があります。
「なりたち/形声」
 「旧字体は櫻。いみをしめす木と,音をしめす嬰(エイ→オウ。小さい)を合わせた字。小さい実(さくらんぼ)のなる木のいみ。」
なお,「形声」は形声文字のことで,p.863に解説があります。
 「今までに作られた文字の,「意味」を表す部分と「音」を示す部分とを組み合わせて作ったもの。(後略)」

資料2 藤堂明保, 松本昭編『漢字源』学研教育出版, 2011
pp.792-793「桜」の項目に以下の説明があります。
「解字/会意兼形声」
 「嬰は「貝二つ+女」の会意文字で,貝印を並べて,首に巻く貝の首飾りをあらわし,取り巻く意を含む。櫻は「木+音符嬰」で花が木を取り巻いて咲く木。」
会意文字についてはp.1883に解説があります。
 「象形文字や指事文字を組み合わせたもの。(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
旺文社小学漢字新辞典. 旺文社編. 旺文社, 1991【813/1991.Z/R】
漢字源. 学研教育出版, 2011【813.2/2011.1/R】
字通. 白川静. 平凡社, 1996.10【813.2/1996.X/R】
大漢和辞典. 諸橋轍次編. 大修館書店, 1989.4【813.2/1989.4/6R】
キーワード
(Keywords)
漢字
文字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000090886解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!