このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000090504
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR11040040
事例作成日
(Creation date)
2011/04/22登録日時
(Registration date)
2011年08月29日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年09月03日 11時38分
質問
(Question)
日本中世の起請文について、参考になる文献や、起請文の古文書史料がありましたら、教えてください。
回答
(Answer)
日本中世の起請文や護符文化について中世ということで、1160年から1603年を対象にしました。またいろいろな種類の起請文がありますが、とりあえず出来るだけ多くの古文書史料をあげてみます。

1.武田家諸士起請文 『続群書類従 第25輯上武家』<081/G1>p.103-112
2.敬白起請文事 『続群書類従 第11輯下公事部』<081/G1>p.830
3.大仏寺本尊自作起請文『道元禅師全集原文対照現代語訳第17巻』<188.8/379N/17>p.119
4.一枚起請文 法然『日本古典文学大系83仮名法語集』<918/N4>p.53
5.一枚起請文、一枚起請之註、一枚起請見聞、一枚起請但信鈔、一枚起請弁述、一枚起請文梗概聞書、一枚起請講説『浄土宗全書9宗義顕彰浄土宗宗典刊行会1908'』<134/9/#>p.1-6、65-122、123-137、138-146、147-231、233-312.
6.三春是起請文『平安遺文古文書編第6巻 竹内理三1963』<320.8/313/6>p.2216-2217
7.東大寺世親講衆連署起請文『鎌倉遺文古文書編第13巻 竹内理三1977』<320.8/435>p.227
8.起請文失条々定『鎌倉遺文古文書編第7巻 竹内理三1974』<320.8/435>p.190
9.重家等連署起請文『鎌倉遺文古文書編第34巻 竹内理三1987』<320.8/435>p.162
10.上杉謙信自筆血判起請文『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.22
11.鮎川清長起請文『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.27
12.小河長基起請文『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.28
13.本庄房長『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.28
14.鮎川家中連署起請文『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.34
15.鮎川家中起請文『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.36
16.鮎川勝長起請文案『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.36
17.色部家中八名連署起請文『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p38
18.小河長資起請文『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p50
19.鮎川清長起請文『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.51
20.鮎川元張起請文『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.52
21.本庄繁長起請文案『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.52
22.色部勝長起請文『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p53
23.本庄繁長起請文案『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.58
24.戸沢家中青川道房・戸沢道茂連署起請文『新潟県史資料編4 中世2文書編2、1983』<327/2637>p.83
25「起請文 文治元年九月」『謡曲大観別巻 明治書院1931』<227/53/#>p.22
26「検地起請文書 天正12年10月」『滋賀県史3巻中世-近世』<327/247>p.436次頁図版
27「敬白天罰霊社起請文事」、「欲賀惣代寺田入道淨慶等連署起請文」『草津市史』<327/3171>p.655-659などがあります。
ほかに吾妻鏡総索引 及川大渓著 日本学術振興会<324.1/141>を「起請文」引きますと31件出てきます。

次に「起請文」について書かれた図書を紹介します。

1.「元亀の起請文について」が『蓮如大系5』法蔵館1996.11<188.7/158N/5(2)>p.398-444に掲載されています。
2.「起請文雑考」が『法制史論集第3巻下』岩波書店1971<322/N1/1>p.958-1007
3.「起請文にみる『地域神』と地域社会」が『禅と地域社会 広瀬良弘/著'吉川弘文館』<188.8/722N>p.289-310
  「越後国小泉庄内領主の起請文一覧」が載っています。すでに一部は上記の新潟県史で紹介しています。
4.「第三章 起請文の研究」『日本古文書学論集10吉川弘文館1987.10』<312.6/71/#>p.226-334
5.「荘園制支配と起請文」『関晃先生還暦記念日本古代史研究 吉川弘文館1980.10』<323/599/#>p.493-526
6.「法然『一枚起請文』の文献的性格」『浄土教典籍の研究 佛教大学総合研究所2006.12』<188.6/183N>
 p.73-93「『一枚起請文』諸本一覧」があります。
7.『日本の護符文化』<387/476N>

雑誌や研究紀要などに掲載された関連記事はGeNiiで「起請文」を入れて検索してください。99件くらい出てきます。下にGeNiiのアドレスを書いております。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
参考資料
(Reference materials)
『続群書類従 第25輯上 武家部』(続群書類聚完成会 1932)(ページ:103-112)
『続群書類従 第11輯下 公事部』(続群書類聚完成会 1933)(ページ:830)
『道元禅師全集原文対照現代語訳 第17巻法語・歌頌等』(高橋文二/[ほか]訳註 春秋社 2010.12)(ページ:119)
『日本古典文学大系83 仮名法語集 (岩波書店 1964.8)(ページ:53)
『浄土宗全書9 宗義顕彰』(浄土宗宗典刊行会 1908)(ページ:1-6、65-122、123-137、138-146、147-231、233-312)
『平安遺文古文書編第6巻』(竹内理三/編 東京堂 1963)(ページ:2216-2217)
『鎌倉遺文古文書編第13巻』(竹内理三/編 東京堂出版 1983)(ページ:227)
『鎌倉遺文古文書編第7巻』(竹内理三/編 東京堂出版 1983)(ページ:190)
『鎌倉遺文古文書編第34巻』(竹内理三/編 1987.9)(ページ:162)
『新潟県史資料編4 中世2文書編2』(新潟県 1983)(ページ:22)
GeNii(2011/5/5現在) (ホームページ: http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp )
キーワード
(Keywords)
起請文 護符文化
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000090504解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!