このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000090473
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR11030011
事例作成日
(Creation date)
2011/03/07登録日時
(Registration date)
2011年08月29日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年09月03日 11時37分
質問
(Question)
バレンタインが日本に定着した理由と経緯を調べたい。
実際に誰がどのような形で日本で初め、なぜチョコレートだったのか、
なぜ、どのように定着するようになったのかを知りたい。
回答
(Answer)
日本でバレンタインデーが定着した理由、経緯に関しましては、諸説あるようで、どの説が正しいのか、という確認はできませんでした。

以下、調査した内容を記載させていただきます。

まずバレンタインデーを調べてみますと、日本でチョコレートを贈る習慣については、製菓会社の活動によるもの、ということのようでした。(参考資料(1)(2)参照)

そこで、どの製菓会社なのか、についてですが、調べました結果、可能性のあるものをまとめてみますと、

●モロゾフ(1932年(昭和7年)にバレンタインチョコレートを発売、また1936年(昭和11年)に英字新聞にバレンタイン広告を掲載)
●メリーチョコレート(1958年(昭和33年)にバレンタインセール)
●森永製菓(1960年(昭和35年)にバレンタインデー企画を展開)

この三社に絞られるかと思われます。(参考資料(3)~(10)及び、各会社のホームページ(2011/3/18現在)参照)

しかしながら、
※モロゾフの広告は在日欧米人をターゲットにした広告であるから、メリーチョコレートが日本で最初に宣伝した会社である、という資料
※関西ではモロゾフ、関東ではメリーチョコレートが始まり、という資料
※日本で最初に大々的に宣伝したのは森永製菓、という資料
※業者が定着させたというよりは、消費者がさまざまなプレゼントの中から、自らチョコレートを選んだ、という資料
等、諸説分かれており、ご質問の「誰が、どのような形で日本で始めたのか、どのように定着したのか」に明確に答えることができません。

可能性のある三社をそれぞれ起点とした場合をまとめます。
○モロゾフ
葛野友太郎が、1936年(昭和11年)に英字新聞『Japan Advertiser』に、バレンタインの広告を出したことで、バレンタインデーが生まれた。最初はうまくいかなかったが、百貨店と共に活動を続け、定着するようになる。

○メリーチョコレート
原邦生が、1958年(昭和33年)に、パリ在住の知人の話から、バレンタインデーを思いついた。最初はうまくいかなかったが、毎年続けた。

○森永製菓
1960年に新聞や週刊誌にバレンタインデーの広告を開始し、「バレンタインチョコレート・バレンタインギフト」懸賞を展開した。この企画は、バレンタインデーの一般への告知に大きな力を発揮した。しかし、成果がかんばしくなかったため、その後は一時中断した。


最後に、なぜチョコレートだったのか、に関してですが、こちらも明確な理由は分かりませんでした。
ご参考までに、『都市の年中行事』(石井研士/著 春秋社 1994.9)によれば、1960年代の広告では、バレンタイン=チョコレートとはなっておらず、1968年をピークにチョコレートではないバレンタインデーは失敗に終わったとあります。その後、バレンタインデーはチョコレートとして売上が急増したとのことです。
この資料では、バレンタインデーは、業者が定着させたというよりは、消費者がさまざまなプレゼントの中から、自らチョコレートを選んだ、という結論のようです。

以上になります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 8版)
参考資料
(Reference materials)
『年中行事大辞典』(加藤友康ほか/編 吉川弘文館 2009.3)(ページ:583)
『日本キリスト教歴史大事典』(日本キリスト教歴史大事典編集委員会/編 教文館 1988.2)(ページ:1145)
『記念日ハンドブック:365日、今日は何の日? 2001年版』(日本記念日協会/編 日本経済新聞社 2000.12)(ページ:2/14の)
『視聴率調査はなぜウチに来ないのか:最新マーケティングが90分でわかる本(青春新書INTELLIGENCE PI-189)』(酒井光雄/著 青春出版社 2008.1)(ページ:134)
『OLたちの<レジスタンス>: サラリーマンとOLのパワーゲーム(中公新書 1401)』(小笠原祐子/著 中央公論社 1998.1)(ページ:90~113)
『大正ロマンをチョコレートに包んで:モロゾフ文化を創った「葛野友太郎」の仕事』(井上優/著 オリジン社 1993.8)(ページ:8、88、130、133)
『森永製菓一〇〇年史:はばたくエンゼル、一世紀』(森永製菓株式会社/編 森永製菓株式会社 2000.8)(ページ:年表13)
『会社じんるい学』(中牧弘允ほか/著 東方出版 2001.12)(ページ:39~42)
『都市の年中行事:変容する日本人の心性』(石井研士/著 春秋社 1994.9)(ページ:138~162)
『逆欠如の日本生活文化:日本にあるものは世界にあるか』(園田英弘/著 思文閣出版 2005.6)(ページ:332~357)
モロゾフのホームページ(2011/3/18現在) (ホームページ: http://www.morozoff.co.jp/ )
メリーチョコレートのホームページ(2011/3/18現在) (ホームページ: http://www.mary.co.jp/ )
キーワード
(Keywords)
バレンタイン チョコ 日本 定着
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000090473解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!