このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000089872
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000007370
事例作成日
(Creation date)
2011年05月25日登録日時
(Registration date)
2011年08月12日 12時15分更新日時
(Last update)
2011年08月12日 12時15分
質問
(Question)
「反魂丹」「万金丹」など、江戸時代の薬の名称と効能を知りたい。
回答
(Answer)
『江戸の妙薬』(鈴木昶著 岩崎美術社 1991年)などに、江戸時代の民間薬の効能等が書かれている。他の資料については照会資料をご覧下さい。
回答プロセス
(Answering process)
NDC499.7家庭薬・民間薬・売薬の書架で、江戸時代の民間薬に関する図書について内容を確認すると、次の図書に「反魂丹」「万金丹」ほかの薬の効能について書かれていた。
・『江戸の妙薬』(鈴木昶著 岩崎美術社 1991年)
・『日本の名薬:売薬の文化誌(植物と文化双書)』(宗田一著 八坂書房 1981年)
・『伝承薬の事典:ガマの油から薬用酒まで』(鈴木昶著 東京堂出版 1999年)
・『日本の伝承薬:江戸売薬から家庭薬まで』(鈴木昶著 薬事日報社 2005年)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
薬学  (499)
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
『江戸の妙薬』(鈴木昶著 岩崎美術社 1991年)
『日本の名薬:売薬の文化誌(植物と文化双書)』(宗田一著 八坂書房 1981年)
『伝承薬の事典:ガマの油から薬用酒まで』(鈴木昶著 東京堂出版 1999年)
『日本の伝承薬:江戸売薬から家庭薬まで』(鈴木昶著 薬事日報社 2005年)
キーワード
(Keywords)
民間薬
売薬
江戸時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
医療・健康
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000089872解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決