このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000089515
提供館
(Library)
三重県立図書館 (2110033)管理番号
(Control number)
0010000027
事例作成日
(Creation date)
2011/03/18登録日時
(Registration date)
2011年08月03日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年08月09日 14時07分
質問
(Question)
一行物の「春風所々至」の意味が知りたい。友人から聞いた言葉である。
回答
(Answer)
『一行物 上巻』(芳賀幸四郎、淡交社、1996)、『よくわかる茶掛の一行書』(世界文化社、1996)を借りて行かれたが、この2冊には掲載がありませんでした。その後、「春風処々花」という言葉を『茶席の禅語大事典』(有馬頼底・監修、淡交社、2002)を見つけ、案内しました。
回答プロセス
(Answering process)
一行物は茶席の掛け軸(茶掛)に書かれた言葉。「一行物」「一行書」「茶掛」で検索、791.6の棚を見るなどして資料を探した。一行物の意味が書いてある資料はいくつかあったが、お探しの言葉が掲載されている資料が見つからなかった。茶掛は禅の言葉が書かれているので、禅宗の資料に掲載がないかと探したところ、『茶席の禅語大事典』に似た言葉が掲載されているのが見つかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
茶道  (791 9版)
参考資料
(Reference materials)
一行物 上巻 禅語の茶掛 芳賀 幸四郎/著 淡交社 1996.5
禅語の茶掛 一行物 芳賀 幸四郎/著 淡交社 1979
よくわかる茶掛の一行書 茶の湯の楽しみ 世界文化社 1996.5
禅語の茶掛を読む辞典 沖本 克己/著 講談社 2002.1
茶席の禅語大辞典 有馬 頼底/監修 淡交社 2002.2
キーワード
(Keywords)
一行物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000089515解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!