このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000089347
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2011-020
事例作成日
(Creation date)
2011年06月30日登録日時
(Registration date)
2011年07月29日 14時17分更新日時
(Last update)
2011年09月06日 13時50分
質問
(Question)
名古屋市およびその周辺の海岸線が大昔(縄文時代など)どうなっていたかわかる地図がみたい。
回答
(Answer)
『名古屋地盤図』に「熱田期の海進」や「沖積期の海進」(縄文海進)の図があるほか、『図説日本の歴史 23』に「縄文海進高頂期(今から6000-5000年前)の海岸線」や「弥生時代中期(今から約2000年前)の旧海域部分(尾張平野のみ示す)」などがわかるカラーの大きな図があります。また、名古屋の地形・地層に関するわかりやすい資料としては『名古屋の大地とその生い立ち』があります。その他、下記の資料に海岸線の図があります。

・『愛知県 地学のガイド』→「第一瀬戸内期」・「第二瀬戸内期」・「最高位礫層期」・「熱田海進」・「ウルム氷期最盛期」・「縄文海進」の図があります。
・『自然のしくみ(地形・地質)』→「第一瀬戸内期」・「最高位礫層期」・「熱田海進」・「ウルム氷期最盛期」・「縄文海進」・「濃尾平野の海岸線の変遷」の図があります。
・『東海の自然をたずねて』→「約1600万年前の東海地方」・「約300万年前の東海地方」・「約100万年前の東海地方」・「約14万年前の東海地方」・「約6000年前の東海地方」の海岸線の図があります。
・『伊勢湾台風災害の調査研究報告』→「濃尾沖積平野の発展過程」の図があり、弥生期推定海岸線・歴史時代の陸化地域・17世紀当時海岸線がわかります。
・『21世紀に向けて尾張の大地』→「濃尾平野の海岸線の変遷」があり、弥生時代(紀元前3~西暦3世紀)・古墳時代(西暦6~7世紀)・江戸時代(西暦17世紀)の海岸線の変遷がわかります。
・『再発見名古屋』→「5千年前の名古屋の想像図」があり、地名が比較的多く記されていてわかりやすいです。
・『名古屋市歴史まちづくり戦略』→縄文時代・中世末期・明治24年・大正5年・昭和25年の海岸線の図があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地形学  (454 9版)
参考資料
(Reference materials)
『名古屋地盤図』 コロナ社 1969年 p.6,12
『図説日本の歴史 23』 河出書房新社 1987年 p.2-3,51
『名古屋の大地とその生い立ち』 松村憲一/著 スパイシースタッフ 2007年
『愛知県 地学のガイド 愛知県の地質とそのおいたち』 庄子士郎/編 コロナ社 1978 年 p.6-9
『自然のしくみ(地形・地質) 自然保護読本』 愛知県環境部/編 愛知県 1980年 p.4-20
『伊勢湾台風災害の調査研究報告』 名古屋大学災害科学調査会/編 名古屋大学 1964年 p.21
『東海の自然をたずねて』 東海化石研究会/編  築地書館 1997年 p.4-6
『21世紀に向けて尾張の大地 尾張平野の土地と水資源』  吉川博/著  山海堂 1987年 p.21
『再発見名古屋』 名古屋市社会科教育研究会/編 [名古屋市社会科教育研究会] 1989年 p.153
『名古屋市歴史まちづくり戦略 「語りたくなるまち名古屋」の実現をめざして』 名古屋市住宅都市局まちづくり企画部歴史まちづくり推進室 2011年 p.6,8,12,16,18
キーワード
(Keywords)
地学・土地―名古屋市
地図・絵図―名古屋市
海岸線
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000089347解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!