このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000089330
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201106-04
事例作成日
(Creation date)
2011年06月14日登録日時
(Registration date)
2011年07月29日 02時00分更新日時
(Last update)
2014年09月04日 00時30分
質問
(Question)
明治18年、大阪で大きな洪水があったらしい。梅田停車場(現在のJR大阪駅)付近も被害を受けたのでしょうか?
回答
(Answer)
下記資料に記述があったのでご紹介しました。

・「朝日新聞」1885年7月3日 大阪・朝刊記事「雑報 大水の概況<画>」の記事に、「~梅田停車場近傍まで残らず水に浸りけり」とあり、被害の状況がわかる図も掲載。

・「朝日新聞」1885年9月20日 大阪・朝刊・付録
 「大阪市外浸水地之図」記載の図を確認すると、ステンショと書かれた駅付近が浸水地に含まれています。

・「朝日新聞」1885年9月20日 大阪・号外「大坂府下洪水澱川沿岸被害細図 」と当館所蔵資料『大坂府下洪水澱川沿岸被害細図 』( 朝日新聞社編 朝日新聞社,1885.9)もご紹介しました。

・『まがたま : 創祀二千年祭奉祝記念誌』(玉造稲荷神社編 玉造稲荷神社創祀二千年祭奉祝事業委員会,1988)と『淀川左岸水防図』淀川左岸水防事務組合/[編] 淀川左岸水防事務組合,1969)に『大坂府下洪水澱川沿岸被害細図 』(朝日新聞社編 朝日新聞社,1885.9)の複製が、付図としてついていました。

・『濁流が走る : 新聞記事にみる淀川・大和川の洪水』( 近畿地方建設局 [編] 近畿地方建設局,1981)p9に上記で紹介した、朝日新聞の記事やその他、明治18年の洪水の新聞記事が掲載されています。

・『洪水志』(大阪府編 大阪府,1887.2)「洪水志第二編」p11に、「梅田停車場浸水深サ四尺・・・」という記述があります。

・『北区史』(大阪都市協会 編集 北区制一〇〇周年記念事業実行委員会,1980)p122-123に梅田停車場とは確認できませんが、「北区で浸水を免れたのは、天満宮の周辺だけだった」「大阪-京都間の鉄道はすべて不通となり」などの記述があり、参考資料として紹介しました。

・『淀川百年史』(建設省近畿地方建設局/編集 建設省近畿地方建設局,1974)p306 「濁水は・・・大阪市の大部分を泥海化し、曾根崎新地梅田停車場付近は深さ1.21m・・・」と記述がありました。

・『大阪史話: 近代化うら話』(朝日放送/編 創元社,1965)p78 「曾根崎、梅田駅あたりが浸水一メートル・・・」と記述があります。

・『百年の大阪 第2巻』(大阪読売新聞社/編 浪速社,1967)p156 「曾根崎、梅田すてん所付近は1.2メートル・・・」と記述があります。

・『淀川治水誌』(武岡 充忠 編著 淀川治水誌刊行会,1931.7) p9「7月1日、2日、3日大出水曽根崎新地、梅田停車場付近は地上四尺に達した」と記述があります。

・国土交通省の淀川河川事務所のWEBサイト「100年前の大洪水と新しい川の誕生」    http://www.yodogawa.kkr.mlit.go.jp/know/rekisi/tanjyou.html  (2011.07.28確認)に明治18年の洪水で浸水した地域の図があり、大阪駅も浸水地域に含まれていることが確認できます。
回答プロセス
(Answering process)
1.商用データベース「聞蔵Ⅱビジュアル(朝日新聞 一部記事写真閲覧可)」で、キーワード”梅田停車場×洪水” 発行年を「明治18年」のみで検索すると、1885年7月3日 大阪・朝刊 「雑報 大水の概況<画」 の記事があることがわかりました。
また、キーワード ”大阪市×洪水” 発行日 明治18年のみで検索。1885年9月20日 大阪 朝刊・付録「大阪市外浸水之図」という記事がみつかりました。
この図は『大坂府下洪水澱川沿岸被害細図 』(朝日新聞社編 朝日新聞社,1885.9)の図と同じものだと確認。(朝日新聞1885年の号外ではこの図名で刊行されています。)

当館書誌検索でフリ-ワード“大坂府下洪水澱川沿岸被害細図”で検索したところ、『まがたま : 創祀二千年祭奉祝記念誌』(玉造稲荷神社編 玉造稲荷神社創祀二千年祭奉祝事業委員会,1988)と『淀川左岸水防図』淀川左岸水防事務組合/[編]  淀川左岸水防事務組合,1969)もヒットしました。内容を確認したところ、『まがたま : 創祀二千年祭奉祝記念誌』(玉造稲荷神社編 玉造稲荷神社創祀二千年祭奉祝事業委員会,1988)と『淀川左岸水防図』淀川左岸水防事務組合/[編]  淀川左岸水防事務組合,1969)に『大坂府下洪水澱川沿岸被害細図 』(朝日新聞社編 朝日新聞社,1885.9)の複製が、付図としてついていました。

2.当館所蔵資料を確認。フリーワード“大阪×洪水 ” “淀川×洪水”などで検索すると下記資料に回答記載の記述がみつかりました。

『濁流が走る : 新聞記事にみる淀川・大和川の洪水』(近畿地方建設局 [編] 近畿地方建設局,1981)
『洪水志』( 大阪府編 大阪府,1887.2)

また、梅田が北区なので、『北区史』(大阪都市協会 編集 北区制一〇〇周年記念事業実行委員会,1980)も確認したところ、回答記載の記述が見つかりました。 

3.大阪文献データベース http://refdb.library.pref.osaka.jp/cdb0100.asp  (2011.07.28確認)で検索

キーワード“洪水”で検索。淀川―洪水で34件。
その中で、明治18年の洪水の記述がありそうなものを確認したところ、 『淀川百年史』(建設省近畿地方建設局/編集 建設省近畿地方建設局,1974)、『大阪史話: 近代化うら話』(朝日放送/編 創元社,1965)、『百年の大阪 第2巻』(大阪読売新聞社/編 浪速社,1967)に、回答記載の記述が見つかりました。

4.インターネット検索
 
Google検索 “洪水×大阪×明治”で検索。
国土交通省「淀川河川事務所」  http://www.yodogawa.kkr.mlit.go.jp/know/rekisi/tanjyou.html  (2011.07.28確認)の「100年前の大洪水と新しい川の誕生」というページに、回答の記述がありました。

また、同ホームページのにおいて、「洪水の記録」が確認でき、明治18年をクリックすると、明治大洪水と称して、写真と詳細な説明があります。梅田停車場、大阪駅についての説明はありませんが、このページの説明に<淀川治水誌>からの引用があることがわかります。
当館の所蔵を確認したところ、『淀川治水誌』(武岡 充忠 編著 淀川治水誌刊行会,1931.7)に回答の記述がありました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
河海工学.河川工学  (517 9版)
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0080223129>  大坂府下洪水澱川沿岸被害細図 朝日新聞社/編 朝日新聞社 1885.9
当館書誌ID <0080200873>  淀川左岸水防図 淀川左岸水防事務組合/編 淀川左岸水防事務組合 1969
商用データベース 「聞蔵Ⅱビジュアル(朝日新聞 一部記事写真閲覧可)」
『まがたま : 創祀二千年祭奉祝記念誌』 玉造稲荷神社編 玉造稲荷神社創祀二千年祭奉祝事業委員会,1988<当館書誌ID:0080232581>
『淀川百年史4』建設省近畿地方建設局/編集建設省近畿地方建設局,1974 <当館書誌ID:0000244962>
『大阪史話: 近代化うら話』朝日放送編創元社,1965 <当館書誌ID:0000330836>
『百年の大阪 第2巻』大阪読売新聞社編 浪速社,1967<当館書誌ID:0070052026>
『北区史』  大阪都市協会 編集 北区制一〇〇周年記念事業実行委員会,1980 <当館書誌ID:0070059801>
『淀川治水誌』  武岡 充忠 編著 淀川治水誌刊行会,1931.7 <当館書誌ID:0000244919>
キーワード
(Keywords)
梅田停車場
洪水
淀川
明治
大阪府大阪市北区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
大阪市立図書館商用データベース検定新聞編として出題しました。 http://web.oml.city.osaka.lg.jp/topics/dbkentei2011.html (2011.6.21確認)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000089330解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!