このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000089293
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中千葉-2011-0003
事例作成日
(Creation date)
2009/07/04登録日時
(Registration date)
2011年07月28日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年08月03日 09時42分
質問
(Question)
房州うちわの作り方と歴史が書かれたものはないか。
回答
(Answer)
『関東の伝統工業』(国土社 1996)p26-29に工程の記載があり。
『伝統工芸』(伝統的工芸品産業振興協会監修 ポプラ社 2006)p81に大まかな工程が5枚の写真にまとめられている。
上記2冊は児童を対象とした資料。

『伝統民芸房州うちわ』(千葉県団扇商工業協同組合 〔198-〕 1枚)にカラーで作り方と簡単な歴史が紹介されている。
『那古史』(那古史編纂委員会編 那古地区連合町内会 2007)p879-892に歴史、作り方、うちわ作りの背景等詳しく記述されている。
『千葉県の伝統的工芸品 千葉県伝統的工芸品の実態調査報告書』(千葉県工業試験場生活工芸課編著 千葉県工業試験場 1990)p129-131に「丸柄うちわ」として製品の沿革、特徴、種類、使用材料、作業工程の記載がある。「丸柄うちわ」と、製作中の写真あり。
『「千葉県の伝統的工芸品」房総の匠百人展 展示解説図録』(千葉県立上総博物館 2007)p24-26に3人の出展者紹介、作業工程。カラー写真による工程の記載があり。
『手仕事の匠たち 千葉職人紀行』(清野文男 崙書房出版 1991)p194-195に「館山団扇」として特徴、工程、言い伝えが簡単に書かれている。白黒写真3枚掲載。

インターネットで検索。いくつかある中の「南房総データーベース」( http://furusato.mbit.or.jp/ )に「房州うちわの歴史」「房州うちわの作り方」が写真と共に掲載。(インターネットの最終アクセス:2011年6月23日)
回答プロセス
(Answering process)
『館山市史』(館山市史編纂委員会編著 国書刊行会 1981)「館山市史」と「館山市史 別冊」昭和46,48年刊の復刻,合本には、うちわの記載無し。
自館OPACを「房州うちわ」で検索、3件ヒット。

インターネット検索「南房総データーベース」( http://furusato.mbit.or.jp/ )に「房州うちわの歴史」「房州うちわのつくりかた」あり。
(インターネットの最終アクセス:2011年6月23日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
工芸  (750 9版)
参考資料
(Reference materials)
『関東の伝統工業』(国土社 1996) (0600128676)
『伝統工芸』(伝統的工芸品産業振興協会監修 ポプラ社 2006) (0600337961)
『伝統民芸房州うちわ』(千葉県団扇商工業協同組合〔198-〕 1枚) (9200216139)
『千葉県の伝統的工芸品 千葉県伝統的工芸品の実態調査報告書』(千葉県工業試験場生活工芸課編著 千葉県工業試験場 1990) (9200340532)
『「千葉県の伝統的工芸品」房総の匠百人展 展示解説図録』(千葉県立上総博物館編 千葉県立上総博物館 2007) (0200863770)
『手仕事の匠たち 千葉職人紀行』(清野文男 崙書房出版 1991) (9200340541)
『那古史』(那古史編纂委員会編 那古地区連合町内会 2007) (0200871413)
キーワード
(Keywords)
房州うちわ
丸柄うちわ
千葉県‐館山市‐那古
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000089293解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!