このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000089028
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H23-058
事例作成日
(Creation date)
2011/07/03登録日時
(Registration date)
2011年07月26日 16時46分更新日時
(Last update)
2011年09月02日 15時14分
質問
(Question)
成人の年齢が20歳になったのはいつからか知りたい。江戸、明治時代は何歳だったのか知りたい。
回答
(Answer)
成人の年齢が20歳になったのは明治29年4月27日からである。
資料①に「江戸時代は男の子は15歳の元服で若衆髷から前髪を剃って大人の仲間入りをし、女の子は14歳前後から島田髷を結い、成人を祝った」と書いてある。
回答プロセス
(Answering process)
江戸時代について書かれた資料のある棚を探して、次の資料を見つけた。
① 『大江戸まるわかり事典』 大石学/編 時事通信出版局 2005 (自館請求記号:R210.5)
p59に「江戸時代、男の子は15歳の元服で若衆髷から前髪を剃って大人の仲間入りをし、女の子は14歳前後から島田髷を結い、成人を祝った」と書いてある。

インターネットの検索エンジンGoogleでキーワードを“成人年齢” “歴史”にして検索すると次のサイトが見つかった.
「18歳成人」を考える 田中治彦(立教大学) 2007年1月 (2011/08/10最終確認)
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/htanaka/07/Seijin02.html
「明治29年制定の民法で満20年をもって成年とす」と定められたとあるので資料を確認するために民法の資料がある棚を探すと次の資料が見つかった。
② 『現行法規総覧 14 民事法 1』 第一法規 1989 (自館請求記号:R320)
p39、民法 第一編 第四条の中に「年齢二十歳をもって、成年とする」と記載があり、制定年がなかったので、オンラインデータベースD1‐Law.comでキーワードを“二十歳をもって”で検索すると『民法第四条』の制定年が明治29年4月27日号外法律 第89号に「二十歳で成人となったのは民法第四条が制定されたのは明治29年4月27日から」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
法律  (320 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大江戸まるわかり事典』 大石学/編 時事通信出版局 2005 (自館請求記号:R210.5)
『現行法規総覧 14民事法 1』 第一法規 1989 (自館請求記号:R320
)
キーワード
(Keywords)
成人年齢
歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000089028解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!