このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000089026
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2011-024
事例作成日
(Creation date)
2011年02月19日登録日時
(Registration date)
2011年07月26日 16時40分更新日時
(Last update)
2011年12月14日 14時03分
質問
(Question)
久喜藩主米津(よねつき)氏について、以下のことを知りたい。
1 久喜藩主は米津氏三代目の政武といわれるが、一時寺社奉行を罷免された理由。
2 米津氏陣屋ができる前は、伊達政宗の鷹場御殿があったと言われているが、伊達氏の久喜・鷹場御殿の事実関係について。
3 米津は(よねず)と呼ばず(よねつき)と言われているが、その語源がわかる文献はあるか。
回答
(Answer)
1 米津政武が寺社奉行を罷免された理由
『久喜のあゆみ』(久喜市編さん室編 久喜市 1986)
p82「政武は寺社奉行となりましたが途中免職され、出仕をとめられました。その理由について『土芥寇讎記(どかいこうしゅうき)』によると「正盛(政武の初名)、文武共に学ばず文盲なり 少し武芸は好むといえり。…中々に寺社奉行職勤めがたき 天性なり」と書かれています。」とあり。
『土芥寇讎記 江戸資料叢書』(金井円校注 人物往来社 1967)
p575-577 「米津出羽守藤原正盛」上記の記述あり。

2 伊達氏の久喜・鷹場御殿の事実関係について
『久喜市の遺跡』(久喜市史編さん室編 久喜市 1987)
p100-101 御陣山遺跡の堀跡について「天明以前にこのような堀を築いたと考えられるのは、伊達政宗の久喜鷹場御殿と米津氏久喜藩陣屋である。(略)遺物から年代を推定することはできないが、米津氏は貞享元年(1648)久喜に陣屋を築き、翌年陣屋に入り、寛政10年(1798)出羽国へ転封したので、米津氏の陣屋の堀であることは間違いないと考えられる。」とあり。
『久喜鷹場 第9回企画展』(久喜市公文書館 1998)
p2 久喜鷹場について「残念ながら現在まで残されている資料は非常に少なく、その実態となると全く明らかにされておりません。本市域に伝え残されている関係資料も今のところ皆無で、わずかに御陣山遺跡から発掘された刀の鍔が江戸初期のものらしいというだけで、それさえも伊達家或いは仙台藩との関係はあきらかとなってはおりません。」とあり。
この資料の表紙には「久喜御鷹場絵図 久喜付近抜粋」が掲載されており、「御殿」の文字が見える。

3 米津(よねきつ)の語源がわかる文献について
『日本名字家系大事典』(森岡浩著 東京堂出版 2002)
p592〈米津(よねづ)〉の項あり。質問の米津家についてもふれている。
「明治17年、政敏の時に子爵となる。正しくは「よねきつ」と読む。」とあり。
『姓氏4000歴史伝説事典』(志村有弘編 勉誠出版 2008)
p1257〈米津(よねつ)〉の項あり。「歴史・伝説・人物」中に質問の米津家についても記述あり。この項の「発祥・系譜・分布」には「三河国碧海郡米津村より起こる」とあり。
『難読姓氏・地名大事典』(丹羽基二著 新人物往来社 2002)
p312-313〈米津(よねつ・よねづ・よねきづ)〉の項あり。
「①(一)愛知県西尾市米津(よねづ・よねきづ)町。(二)三重県津市米津。(三)徳島市米津ほか。
②米を積み出す港。西尾市の米津は、のち、木材も積み出したので、時にヨネキヅともいう。③米口・米崎・米地・米戸・米之津・米場・米辺(よねべ)・米納津(よのうづ)・米津畑・米都(よねづ)など。」とあり。
『日本歴史地名大系 23 愛知県の地名』(一志茂樹〔ほか〕編 平凡社 1981)
p699〈米津村(よねつむら)〉の項あり。「現西尾市米津町」と記載あり。
「中世、「えのづ」とか「えのきづ」といわれた。「入江の津」「米の津」と解される。」
『角川日本地名大辞典 23 愛知県』(角川書店 1989)
p1404-1405〈よねづ 米津〈西尾市〉〉の項あり。
「地名の由来は、地形的に見て入江の港、江の津が転訛したとみられる。また米を津出した浦であったため、「こめつ」が「よねつ」となったとも伝える。」
「「ゑの木津」は米津の旧称である「えのづ」(入江の津の意)の「え」を榎と思いまちがえての俗称とされる(西尾市史5)。」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
『久喜のあゆみ』(久喜市編さん室編 久喜市 1986)
『土芥寇讎記 江戸資料叢書』(金井円校注 人物往来社 1967)
『久喜市の遺跡』(久喜市史編さん室編 久喜市 1987)
『久喜鷹場 第9回企画展』(久喜市公文書館 1998)
『日本名字家系大事典』(森岡浩著 東京堂出版 2002)
『姓氏4000歴史伝説事典』(志村有弘編 勉誠出版 2008)
『難読姓氏・地名大事典』(丹羽基二著 新人物往来社 2002)
『日本歴史地名大系 23 愛知県の地名』(一志茂樹〔ほか〕編 平凡社 1981)
キーワード
(Keywords)
米津氏(ヨネツキシ)
姓氏
久喜藩-久喜市-埼玉県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000089026解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!