このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000088665
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2011-060
事例作成日
(Creation date)
2011年06月14日登録日時
(Registration date)
2011年07月19日 10時04分更新日時
(Last update)
2011年09月27日 19時16分
質問
(Question)
海面漁業の品目別漁獲量の年間サイクルを調べている。具体的な地域名・漁港名のわかる資料で、月ごとの漁獲量の統計がグラフとして掲載されている資料がほしい。
回答
(Answer)
具体的な事がわかる資料は見つからなかった。
参考として以下のインターネット情報と資料を紹介した。

《水産庁水産物流通調査》( http://www.market.jafic.or.jp/suisan/  2011/05/21最終確認)
月別調査報告にエクセル・PDFで漁港別品目別上場水揚量・価格データあり。グラフなし。

《お魚カレンダー》(北海道のウェブサイト)( http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/ske/osazu/oz02cal/index.htm  2011/05/24最終確認)
1月から12月までの各月に獲れる魚の名前と、その名前から詳細情報のページにリンクしている。
詳細情報のページでは、1年の獲れる時期が図示してある。(ただし、漁獲量の数値データはなし。)

『水産物流通統計年報 平成19年』(農林水産省大臣官房統計部編 農林水産省大臣官房統計部 2009)
p72-各地の漁港(宮古、釜石、大船渡、気仙沼、石巻など)ごとのまぐろ、びんなが、めばち、きはだ、かつお、いわし、あじ、さば、さんま、ほっけ、するめいかの平成19年の月ごとの漁獲高の表がある。
グラフはなし。

『さかなの漁獲・養殖・加工・輸出入・流通・消費データ集』(生活情報センター 2005)
p150-平成12年から平成16年までのまぐろ、びんなが、めばち、きはだ以下20種の水産物の水揚量の表がある。
16年度のみ月ごとになっている。漁港の記載はなし。グラフなし。

『朝日ジュニア学習年鑑 2010』(朝日新聞出版 2010)
p154 主な漁港別の水あげ量(おもに獲れる魚名入り)あり。

『図解いきいき日本の産業 教科書がよくわかる 3 水産物・畜産物・林産物』(保岡孝之監修 北俊夫監修 学習研究社 1996)
p7「銚子沖の魚カレンダー」あり。
p14-15「栽培漁業の流れ」があるが、月別データなし。

『感動する仕事!泣ける仕事! お仕事熱血ストーリー 3 使命感を持って自然と向き合う』(学研教育出版 2010)
p28「季節によって漁が変わる(千葉県富津の漁師さん)」に、魚の種類や出航時刻が季節によって異なる旨の記述あり。グラフなし。
回答プロセス
(Answering process)
その他調査済み資料は以下のとおり。
『日本の統計 2010年版』(総務省統計研修所編 総務省統計局 2010)
p110 日本の海面漁業主要魚種別漁獲量 平成7、12、17、18年 グラフや月別データなし。
『日本統計年鑑 第60回(平成23年)』(総務省統計研修所編 総務省統計局 2010)
p268 都道府県、漁業部門別漁獲量 平成19年 グラフや月別データなし。
『水産の動向 平成21年度』(〔農林水産省〕〔編〕 農林水産省 〔2010〕)
p31 駿河湾におけるサクラエビの漁獲量の推移 昭和52年~平成19年 グラフあり。
    伊勢・三河湾におけるイカナゴの漁獲量の推移 昭和50年から平成21年 グラフあり。
p54 漁業・養殖業生産量・生産額の推移 昭和35~平成20年 漁業部門別グラフあり。
p71 世界のマグロ類漁法別漁獲量の推移 1950~2008年 グラフあり。
p86 海面漁業主要魚種別生産量及び生産額の推移 平成10、15、18、19、20年 表あり。
p95 マグロ類 国別漁獲量、魚種別漁獲量 1960から10年おきと、2007、2008年 月別データなし。
『水産年鑑 第56集(2010年版)』(水産年鑑編集委員会編 水産社 2010)
『水産白書 平成22年版』(水産庁編 農林統計協会 2010)
『漁業センサス 2008年 1-8 総括編』(農林水産省大臣官房統計部 2010)
『漁業経営調査報告 平成21年(度)』(農林水産省大臣官房統計部 2011)
『魚資料 3 漁撈・栄養・統計』(日本水産広報室 1986)
『わたしたちの日本 9 ふるさとの林業と水産業』(浅井得一著 小峰書店 1985)
『日本の食料 2 食料自給率』(〔こどもくらぶ〕〔編〕 矢口芳生監修 岩崎書店 2008)
『日本の食料 5 農山漁村を体験しよう』(〔こどもくらぶ〕〔編〕 矢口芳生監修 岩崎書店 2009)
『くらしの歴史図鑑 調べ学習にやくだつ 5 農業・漁業の歴史』(ポプラ社 1994)
『日本の水産業5都道府県別にみる水産業』(岩崎書店 2005)
都道府県別の年計あり、月別なし。2004年の都道府県からの回答による。
『ポプラディア情報館 日本の水産業』(ポプラ社 2008)
あじ・いわし・さば類の都道府県別の漁獲量上位5位のグラフあり。(出典『平成18年度版ポケット水産統計』)
あじ・いわし・さば類の漁獲量1960年~2005年の移り変わりのグラフあり。(出典『漁業・養殖業生産統計年報』)
『日本の産業まるわかり大百科 3 水産業 かつお業・養殖産業ほか』(ポプラ社 2005)
枕崎港の魚種別漁獲量のグラフあり、月別データなし。(出典 枕崎市水産課ウェブサイト「枕崎の水揚状況」)

【インターネット情報】
《農林水産省》( http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/santi_ryutu/santi_ryutu_09/index.html  最終確認2011/05/21)
平成21年産地水産物流通調査 水揚量・価格調査(月別調査)
「3 品目別月別漁港別上場水揚量・卸売価格(21品目)」(エクセルファイル)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
水産業  (660 9版)
参考資料
(Reference materials)
『水産物流通統計年報 平成19年』(農林水産省大臣官房統計部編 農林水産省大臣官房統計部 2009)
『さかなの漁獲・養殖・加工・輸出入・流通・消費データ集』(生活情報センター 2005)
『朝日ジュニア学習年鑑 2010』(朝日新聞出版 2010)
『図解いきいき日本の産業 教科書がよくわかる 3 水産物・畜産物・林産物』(保岡孝之監修 北俊夫監修 学習研究社 1996)
『感動する仕事!泣ける仕事! お仕事熱血ストーリー 3 使命感を持って自然と向き合う』(学研教育出版 2010)
キーワード
(Keywords)
水産物-統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000088665解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!