このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000088495
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2011-058
事例作成日
(Creation date)
2011年06月10日登録日時
(Registration date)
2011年07月14日 16時18分更新日時
(Last update)
2011年09月27日 19時16分
質問
(Question)
手話で「ふるさと」「故郷」は、どのように表現するか。
回答
(Answer)
手話で「ふるさと」「故郷」を表現する方法について記述のある、以下の資料を紹介した。

『イラスト手話辞典』(丸山浩路編 ダイナミックセラーズ出版 1996)
p878〈ふるさと【故郷】〉の項あり。
手話源に「生まれた土地ということで、「生まれる」と「場所」の手話を組み合わせて表現。」とあり。

『詩と歌で覚える手話の本』(丸山浩路著 祥伝社 1996)
p177〈故郷〉の項あり。
「五指をすぼめた両手を腹にあて、開きながら前方に出し(「生まれる」の手話)、湾曲させた右手を胸の前で軽く下におろす(「場所」の手話)。

『新・手話辞典』(手話コミュニケーション研究会編集 中央法規出版 1992)
p764索引より〈古里〉あり。p428「古い」とp187「里」を組み合わせた表現。
p632索引より〈故郷〉あり。p156「故(こ)」とp123「郷(きょう)」を組み合わせた表現。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
障害児教育[特別支援教育]  (378)
参考資料
(Reference materials)
『イラスト手話辞典』(丸山浩路編 ダイナミックセラーズ出版 1996)
『詩と歌で覚える手話の本』(丸山浩路著 祥伝社 1996)
『新・手話辞典』(手話コミュニケーション研究会編集 中央法規出版 1992)
キーワード
(Keywords)
手話-辞書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000088495解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決