このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000088315
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
20110623/570
事例作成日
(Creation date)
2011年06月23日登録日時
(Registration date)
2011年07月11日 14時31分更新日時
(Last update)
2011年08月04日 14時12分
質問
(Question)
漢字の、曲がる部分(例えば「口(くち)」の右肩)の名称を知りたい。
回答
(Answer)
「折れ」という。
回答プロセス
(Answering process)
「永字八法」という言葉を思い出して、
①飯島春敬/編『書道辞典』東京堂出版 1980(R728.03/10003)p48
②中西慶爾/編『中国書道辞典』木耳社 1981(728.2/31)p37-38
を見た。「永字八法」は側(そく)・勒(ろく)・努(又は「弩」ど)・【テキ】(てき)・策(さく)・掠(りゃく)・啄(たく)・磔(たく)。曲がる部分がある、と思っていたところは、一画ではなく「勒」と「【テキ】」から成っていた。
③堀内湖洲/著『必携実用楷書字典』日貿出版社 2007(728.4/10060)
書道の入門書に説明はないかと考えて③を見たが、p205「永字八法」、p205-206「基本点画」にも、曲がる部分の名称はなかった。横棒と縦棒の組み合わせではないか、と言ってみたが、納得されなかった。

その後、京都府立西舞鶴高等学校より、
「『日本大百科全書』(小学館)の「字画」という項目に、要約すると「文部省編『筆順指導の手引き』(1958)によると、漢字の字画のうち主要なもの(基本点画)にはそれぞれ名称があり、「点・横画・縦画・左払い・右払い・折れ・はね・とめ・曲がり・払い」などがある。組み合わせた字画の個数が画数である」
とある、との情報をいただいた。
『筆順指導の手引き』は所蔵がなく、別の資料に収録されているかもしれないと探したが、見つけられなかった。

④『現代書写字典』図書出版 1986(375.8/279)p1080 点画の名称の中に「折れ」がある。
⑤『書道辞典』東京堂出版 1975(R728.03/10003)p99
「折れ おれ 点画の中の一つ。角度を持った折れの部分である。「団、司、日」の折れは直角、「口、四、田」など横長い字形の折れ、「マ、フ、ム、レ」などの折れは鋭角である。」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
書.書道  (728 9版)
音声.音韻.文字  (811 9版)
音声.音韻.文字  (821 9版)
参考資料
(Reference materials)
飯島春敬/編『書道辞典』東京堂出版 1980(R728.03/10003)
中西慶爾/編『中国書道辞典』木耳社 1981(728.2/31)
堀内湖洲/著『必携実用楷書字典』日貿出版社 2007(728.4/10060)
『現代書写字典』図書出版 1986(375.8/279)
『書道辞典』東京堂出版 1975(R728.03/10003)
『日本大百科全書』小学館 1984-1989(031/71/*)
文部省編『筆順指導の手引き』(1958) (当館所蔵なし)
キーワード
(Keywords)
漢字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
京都府立西舞鶴高等学校
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
文字
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000088315解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!