このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000087965
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00200
事例作成日
(Creation date)
2010年10月登録日時
(Registration date)
2011年06月28日 16時28分更新日時
(Last update)
2012年08月30日 12時02分
質問
(Question)
ヒカゲノカズラ(シダ類)の胞子(石松子)が薬用に用いられるようになったのはいつか知りたい。
回答
(Answer)
はっきりとした時期がわかる資料は見つからなかった。判明したのは次の事項である。
【資料1】~【資料3】より、西洋では避妊薬として使われてきたことがわかったが、その時期は【資料1】によると「少なくとも中世から」とある。
【資料4】により、ドイツでは1500年代中葉から、びらん部に使用していたことがわかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
薬学  (499)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『世界薬用植物百科事典』 アンドリュー・シェヴァリエ原著 誠文堂新光社 2000.10
 (p228~p229 ヒカゲノカズラの項)
【資料2】『検索入門薬草』 御影雅幸共著 保育社 1996.6
 (p172)
【資料3】『原色牧野和漢薬草大圖鑑』 三橋博旧版監修 北隆館 2002.10
 (p682)
【資料4】『新註校定国訳本草綱目 第6冊』 草部李 時珍著 春陽堂書店 1974
 (p592)
キーワード
(Keywords)
ヒカゲノカズラ 
石松子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087965解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!