このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000087789
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000007260
事例作成日
(Creation date)
2011年03月01日登録日時
(Registration date)
2011年06月21日 16時28分更新日時
(Last update)
2011年06月21日 16時28分
質問
(Question)
劉希夷(劉庭芝)の「代悲白頭翁」という漢詩の掲載されている資料があるか。
回答
(Answer)
『校注唐詩解釈辞典』(松浦友久編 大修館書店 1987年)等に掲載がある。「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」の句で有名な漢詩である。詳細については照会資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.劉季夷(劉庭芝)は唐代の詩人なので唐詩選」「三体詩」「唐詩三百首」の掲載を確認する。
・『唐詩選三体詩総合索引』(禅文化研究所編集・発行 1991年)には劉季夷(劉庭芝)の掲載なし。
・『唐詩三百首(東洋文庫)』第3巻(蘅塘退士編 平凡社 1979年)巻末の著者別索引から検索するが劉季夷(劉庭芝)の掲載なし。

2.唐詩について掲載のあるレファレンスブックを調査
・『校注唐詩解釈辞典』(松浦友久編 大修館書店 1987年)→p728-73に全文の白文、書き下し文、語釈等の掲載あり。「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」の句で有名な漢詩である。また、この詩の成立をめぐる逸話の掲載があり、「古文真宝 前集」には宋之問の作として収載されているなどの記述がある。
・『岩波漢詩紀行辞典』(竹内実編著 岩波書店 2006年)→p210-212に抜粋の白文、書き下し文、解説等の掲載あり。

3.その他
・『中国古典詩聚花』第4巻 思索と詠懐(尚学図書 1985年)→11巻の詩題総索引から検索すると、4巻のp113-117に、全文の白文、書き下し文、訳文、解説等の掲載あり。
・『中国名詩選(岩波文庫)』中巻(松枝茂夫編 岩波書店 1984年)→p226-230に全文の白文、書き下し文、訳文等の掲載あり。
・『NHK新漢詩紀行』人生有情篇(石川忠久監修 日本放送出版協会 2009年)→p74-77に全文の白文、書き下し文、訳文、ピンイン、解説等があり。宋之問との逸話についても記述あり。

4.「古文真宝 前集」を確認
・『新釈漢文大系』第10巻 古文真宝(前集)下(明治書院 1978年)巻末の重要語句索引より検索すると、該当の詩は『新釈漢文大系』第9巻 古文真宝(前集)上(明治書院 1978年)p357-362に掲載がある。「有所思(思ふ所有り)」という題で宋之問の作として掲載されているが、『唐詩遺響』『唐詩選』などは劉希夷(劉庭芝)の作としており、宋之問の作ではないだろうとの記述がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌.韻文.詩文  (921 9版)
参考資料
(Reference materials)
『校注唐詩解釈辞典』(松浦友久編 大修館書店 1987年) (p728)
『岩波漢詩紀行辞典』(竹内実編著 岩波書店 2006年) (p210-212)
『中国古典詩聚花』第4巻 思索と詠懐(尚学図書 1985年) (p113-117)
『中国名詩選(岩波文庫)』中巻(松枝茂夫編 岩波書店 1984年) (p226-230)
『NHK新漢詩紀行』人生有情篇(石川忠久監修 日本放送出版協会 2009年) (p74-77)
『新釈漢文大系』第9巻 古文真宝(前集)上(明治書院 1978年) (p357-362)
キーワード
(Keywords)
「代悲白頭翁」
「白頭を悲しむ翁に代わる」
劉希夷
洛陽城東桃李の花
年年歳歳
漢詩
宋之問
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
東洋文学
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087789解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!