このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000087777
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006232
事例作成日
(Creation date)
2009年12月19日登録日時
(Registration date)
2011年06月21日 10時31分更新日時
(Last update)
2011年06月21日 10時43分
質問
(Question)
オランダの雇用制度に関する「ワッセナー合意」について知りたい。
回答
(Answer)
オランダは、1970年代に起こった「オランダ病」から脱却するために、1982年、オランダ政府、経営者団体、労働組合連盟の三者により78項目のガイドラインからなる政労使合意である「ワッセナー合意」を形成し(1993年再合意)、構造改革を可能にした(ネオ・コーポラティズム)。詳細については照会資料をご覧下さい。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館システムで「ワッセナー合意」を書名検索、件名検索、全項目検索するが未ヒット。

2.『世界大百科事典』第31巻 索引(平凡社 2007年)、『ブリタニカ国際大百科事典』第28巻 総索引(フランク・B・ギブニー編 TBSブリタニカ 1975年)の索引には「ワッセナー合意」なし。

3.自館システムで書名「雇用」×「オランダ」を検索すると、次の資料に「ワッセナー合意」についての記述あり。
・『ワークシェアリング:「オランダ・ウェイ」に学ぶ・日本型雇用革命』(根本孝著 ビジネス社 2002年)→第3章「オランダの政労使対話」に「政労使によるワッセナー合意」の項あり。1982年に結ばれた政労使合意で、(1)労働組合は賃金の著しい上昇を要求しないこと、(2)経営者は労働時間短縮に同意し、週40時間未満のパートタイム労働を受け入れ、雇用確保に努めること、(3)政府は減税につとめ財政赤字の削減を実現し、賃金交渉には介入しないこと、という三者の譲歩、経済社会への責任ある行動の合意だった。

4.ワークシェアリングに関する図書を調査。次の資料に関連の記述あり。
・『欧州のワークシェアリング:フランス、ドイツ、オランダ(調査研究報告書)』(日本労働研究機構 2002年)→p71-97に第3章「オランダのワークシェアリング」があるが、ワッセナー合意については記述なし。
・『リストラとワークシェアリング(岩波新書 新赤版)』(熊沢誠著 岩波書店 2003年)→p164に、ワッセナー合意について簡単な説明がある。

5.その他
・『オランダを知るための60章(エリア・スタディーズ)』(長坂寿久著 明石書店 2007年)のⅤ「政治と経済」には、p336、p354、p362にワッセナー合意について触れた文章がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
労働経済.労働問題  (366 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ワークシェアリング:「オランダ・ウェイ」に学ぶ・日本型雇用革命』(根本孝著 ビジネス社 2002年) (p92-94)
『リストラとワークシェアリング(岩波新書 新赤版)』(熊沢誠著 岩波書店 2003年) (p164)
『オランダを知るための60章(エリア・スタディーズ)』(長坂寿久著 明石書店 2007年) (p336,p354,p362)
キーワード
(Keywords)
ワッセナー合意
オランダモデル
ポルダーモデル
オランダ病
ワークシェアリング
パートタイム労働
ネオ・コーポラティズム
オランダ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
職業・雇用・資格
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087777解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!