このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000087670
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H23-034
事例作成日
(Creation date)
2011年05月21日登録日時
(Registration date)
2011年06月17日 09時56分更新日時
(Last update)
2011年08月05日 09時30分
質問
(Question)
「二神二獣鏡」(三角縁でもいい)の写真や説明の書かれた資料を探している。
回答
(Answer)
①~⑤の資料を案内した。
回答プロセス
(Answering process)
質問者に詳しく話を聞いたところ「石切神社」の遺跡ではないかとのことだった。
インターネット検索エンジンGoogleでキーワードを“石切神社”、“二神二獣鏡”にして検索すると“石切劔箭(いしきりつるぎや)神社”ということばがいくつかのサイトに載っていたので“石切劔箭”、“二神二獣鏡”をキーワードにして検索すると次のサイトが見つかった。
「吉田史学会報三十二号(1999年6月1日)」
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou32/kaihou32.html (2011/6/17最終確認)
「石切神社は正式には石切劔箭神社といい…」とあり、「石切神社」と「石切劔箭神社」は同じだとわかった。

奈良文化財研究所の「遺跡データベース」でキーワードを“石切劔箭”にして検索する。
同じ名前の遺跡はなかったが、他の遺跡の同型鏡として三角縁唐草文帯二神二獣鏡が出土していることがわかった。

インターネット検索エンジンGoogleでキーワードを“石切”、“三角縁”にして検索すると次のサイトが見つかった。
「謎の反正天皇御廟所-石切神社の三角縁神獣鏡と前期古墳-」
http://www.geocities.jp/iko_kan2/nazono-hanzeigobyou.html (2011/6/17最終確認)
「石切神社に神宝として所蔵されている三角縁神獣鏡…」
「昭和60年7月17日、新聞各紙第一面に「東大阪石切神社 四世紀後半の三角縁神獣鏡」「石切神社蔵の金銅柄頭 奈良群馬出土品と同鋳型」などと…」とある。
オンラインデータベース「聞蔵Ⅱビジュアル」で昭和60年7月17日に日付を指定し、キーワードを“石切”にして検索すると、昭和60(1985)年7月17日朝日新朝刊1面に「同一鋳型だった 大阪・なら・群馬で出土の柄頭 古代権力探るカギに」という見出しの記事が見つかった。
石切劔箭(いしきりつるぎや)神社(通称・石切神社)に奈良の石上(いそのかみ)神宮と同じ鋳型でつくられた柄頭が保管されていることがわかり、石切神社で他に三角縁神獣鏡も出土したという内容だった。
小林行雄が研究していると記事に書かれていたので、自館OPACで著者を“小林行雄”にして検索すると次の資料が見つかった。

①『図解考古学辞典』 水野清一/編 東京創元社 1977 (自館請求記号:R210.2)
p387-388に「三角縁神獣鏡」の写真と解説がある。

②『邪馬台国辞典 改訂版』 武光誠/編 同成社 1998 (自館請求記号:R210.2)
p114-115に「三角縁神獣鏡」の写真(奈良県新山古墳出土)と解説がある。

日本の古代史に関する資料のある棚から次の資料を見つけた。
③『三角縁神獣鏡』 藤田友治/著 ミネルヴァ書房 1999 (自館請求記号:210.2)
p9に「組み合わせによって二神二獣鏡(神像が二、獣形が二のもの)…」という記述があった。

④『歴史発掘 7』 岩永省三/著 講談社 1997 (自館請求記号:210.2)
p119に「二神二獣鏡」の白黒写真がある。

⑤『古墳時代の研究 8第2版』 石野博信/(他)編 雄山閣出版 1998 (自館請求記号:210.32)
p211に「平縁神獣鏡のほとんどが二神二獣鏡」という記述がある。

①~⑤の資料に写真や解説が載っている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『図解考古学辞典』 水野清一/編 東京創元社 1977 (自館請求記号:R210.2)
『邪馬台国辞典 改訂版』 武光誠/編 同成社 1998 (自館請求記号:R210.2)
『三角縁神獣鏡』 藤田友治/著 ミネルヴァ書房 1999 (自館請求記号:210.2)
『歴史発掘 7』 岩永省三/著 講談社 1997 (自館請求記号:210.2)
『古墳時代の研究 8第2版』 石野博信/(他)編 雄山閣出版 1998 (自館請求記号:210.32)
キーワード
(Keywords)
二神二獣鏡
三角縁神獣鏡
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087670解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決