このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000087271
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
20110602/528
事例作成日
(Creation date)
2011年06月02日登録日時
(Registration date)
2011年06月11日 11時07分更新日時
(Last update)
2011年06月12日 12時26分
質問
(Question)
「ヤタノカラス」について
回答
(Answer)
『日本大百科全書』には「八咫烏(やたがらす):記紀神話に出てくる大きな鳥、あるいは頭の大きな大鳥。『日本書紀』では、頭八咫烏という。・・・」とある。
また、Wikipediaには「一般的に三本足のカラスとして知られ古くよりその姿絵が伝わるが、3本足と明記された史料はない。」との記述がある。

質問者は八咫烏の絵を見たいとのことで、絵が載っている資料を探したが見つからなかった。
(インターネットで検索すると複数の画像がヒットするので、画面上では閲覧可能。)

参考までに、八咫烏は日本サッカー協会のシンボルマークに用いられているので、日本サッカー協会の旗章を紹介した。
また、絵ではないが、岡登貞治編『文様の事典』「烏文」の項に、三本足のカラスの図が載っている。京都市の熊野神社(江戸時代までは熊野権現)の侍者(つかわしめ)とされ、同社の神紋と定められており、この神社が出す牛王宝印(ごおうほういん)は烏の群がる図様とのこと。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (031 9版)
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
グラフィックデザイン.図案  (727 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本大百科全書 23』小学館 1988.9 (031/72/23)
『日本伝奇伝説大事典』乾克己[ほか]編 角川書店 1986.10 (388.1/177)
『日本神話事典』大林太良監修 吉田敦彦監修 大和書房 1997.6 (R164.1/10003)
『最新サッカー百科大事典』日本サッカー協会編 日本サッカーライターズ協議会編 大修館書店 2002.4 (R783.4/10081)
『文様の事典』岡登貞治編 東京堂出版 1968 (727/75)
Wikipedia 「八咫烏」(確認日:2011年6月2日) ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%92%AB%E7%83%8F )
キーワード
(Keywords)
八咫烏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087271解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!