このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000087111
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2011-06-001
事例作成日
(Creation date)
2011年06月05日登録日時
(Registration date)
2011年06月05日 10時36分更新日時
(Last update)
2012年06月16日 12時11分
質問
(Question)
平安時代頃から(?)、七夕の短冊に使われていたという「カジノキ」の葉が載っている資料がみたい。また、島根県で「カジノキ」を見ることができるのか、その分布も知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料及びインターネット情報より以下を紹介。
(カジノキとその分布について)
資料1:カジノキの葉(表と裏)について、カラーで詳しく掲載されている。
また、カジノキは、クワ科コウゾ属の落葉高木で、自生地として、本州(南関東以南)、四国、九州、沖縄、台湾、中国が挙げられている。
資料2:島根県内(松江市島根町付近)で撮影されたカジノキの葉などの写真が多数掲載されている。
資料3:p6「クワ科」の項目に、「カジノキ」があり、島根県の「沿岸寄り全域にやや稀に分布、隠岐には多い」との記述がある。
(七夕の短冊とカジノキの葉について)
資料4:p57「短冊に願い事」の項目に、詩歌や書道などの上達を願い、室町時代になってから、梶の葉に歌を書いて笹竹に結びつける慣習が生まれたとある。
資料5:室町時代には、棟の上に座を設けて梶の葉に歌を書きつけて季節のものを供え、星祭りに歌を手向けることが主たる行事となったとある。
資料6:短冊の説明として、「むかしはカジノキ(クワ科)の葉っぱをつかい、墨で歌を書いて、書道の上達をいのりました」とある。
資料7:江戸時代には、天皇が芋の葉の露でカジノキの葉に和歌を七首書き、カジノキの皮とそうめんでくくって屋根に投げ上げるのがならわしだったとある。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 樹木に関する参考図書(653)で、「カジノキ」を調査。

(2) インターネットで、「島根県」「カジノキ」をキーワードに検索。

(3) 【資料2】の50音順目録(「島根県の種子植物目録(野草・樹木)」 http://matsue-hana.com/shimane.html (最終確認2012/6/14))は、【資料3】から転載したものとの記述があったことから、【資料3】の所蔵を検索し、内容を確認。

(4) 年中行事やしきたり(386)についての資料にあたり、カジノキの葉が七夕の短冊に使われていたという記述について並行して調査。

<参考として>
〔Wikipedia:カジノキ〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%8E%E3%82%AD (最終確認2012/6/14)
カジノキ・・・クワ科コウゾ属の落葉高木。単にカジ(梶)またはコウ(構)とも呼ばれる。
〔Wikipedia:七夕〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%A4%95 (最終確認2012/6/14)
「風習」の項目に、イモの葉の露で墨をすると習字が上達するといい、7枚のカジ(梶)の葉に歌を書いてたむけるとの記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
森林立地.造林  (653 8版)
年中行事.祭礼  (386 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『鑑定図鑑日本の樹木 枝・葉で見分ける540種』 三上 常夫/著 川原田 邦彦/著,柏書房,2009.5 ※貸出禁止資料 (p64「カジノキ 梶木」 R653.2/ミ09/)
【資料2】 〔島根県の種子植物目録(野草・樹木):カジノキ(梶の木)〕 http://homepage.mac.com/n_yoshiyuki/hana/kajinoki.html (最終確認2012/6/14)
【資料3】 杦村喜則「島根県の種子植物相」 (『島根県立三瓶自然館研究報告』 島根県立三瓶自然館/編,第3号 2005)※貸出禁止資料 (p1~49)
【資料4】 『イラスト版子どもの伝統行事 子どもとマスターする40の行事 その由来とやりかた』 谷田貝 公昭/監修 長沢 ひろ子/著,合同出版,2006.10 (p56~59「七夕」 386.1/イ06/ )
【資料5】 『小笠原流日本のしきたり』 小笠原 清忠/著, ナツメ社,2008.6 (p38~39「七夕の節句(七夕祭り)」 386.1/オ08/ )
【資料6】 『7月のえほん 季節を知る・遊ぶ・感じる』 長谷川 康男/監修,PHP研究所,2011.5 (p16~17「七夕のいろいろ」 子ども386/シ11/ )
【資料7】 『日本の年中行事百科 3 民具で見る日本人のくらしQ&A 夏』 岩井 宏實/監修,河出書房新社,1997.4 (p32~33「乞巧奠-短冊に願い事を書いて笹竹につるすわけは?」 子ども380/ニ/3)
キーワード
(Keywords)
カジノキ(梶の木)(梶木)
梶の葉(梶葉)
七夕
短冊
樹木
植物
カジ(梶)
コウ(構)
7月
島根県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087111解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!