このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000087044
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00156
事例作成日
(Creation date)
2010年5月22日登録日時
(Registration date)
2011年06月02日 16時55分更新日時
(Last update)
2012年08月30日 12時06分
質問
(Question)
平安京の時代に天皇の公式文書を作成していた役職について、仕事内容や位置付けなどが知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】と【資料2】を紹介した。【資料1】p60には、「詔書の作成、論奏・奏事の草案を書くことを掌る」という「大外記(だいげき)」という職について記述がある。また、p73には「大内記」という職について、「その職掌は、「掌、造詔勅、凡御所記録事」とある。」との記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
『日本史大事典』 平凡社 1993 で「官位」という語を調べたところ、「大宝律令によって採用された律令官人の基本位階」との記述があった。
次に「位階」で業務端末の検索をしたところ、
『日本史に出てくる官職と位階のことがわかる本』 新人物往来社編 新人物往来社 東京 2009.10 
がヒットした。この資料のp11に『日本古代官職事典』 阿部猛編 高科書店 1995.2 が紹介されていた。この資料を検索したところ、増補改訂版である【資料1】がヒットした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
法制史  (322)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『日本古代官職辞典』 阿部猛編 同成社 2007.12  (p60,p73)
【資料2】『官位と組織のしくみがわかる本』 新人物往来社 2001.4  (p17)
キーワード
(Keywords)
官職
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087044解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決