このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000087022
提供館
(Library)
西東京市中央図書館 (2310078)管理番号
(Control number)
西東京ー20110225
事例作成日
(Creation date)
2011/02/25登録日時
(Registration date)
2011年06月02日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年07月14日 13時26分
質問
(Question)
レファレンス担当者の育成について書かれている本を知りたい。
回答
(Answer)
以下の情報を提供した。
1 『資料提供としてのレファレンス・サービス’98-多摩六都職員研修-』( 斎藤文夫著 1998年)のp95からp96にレファレンス研修の必要性について実践に役立つ能力は、「レファレンス・サービスの実務経験と継続具体的で多様なレファレンス研修によって獲得するしか方法がないと思われる」と言う記述有り。
2 『21世紀の図書館と図書館員 論集・図書館情報学研究の歩み 第20集)』(日本図書館情報学会研究委員会編集 日外アソシエーツ 2001)のp98からp112まで「司書の基礎的主題専門知識ー大学図書館における法律資料のレファレンスを中心としてー」高橋昇著の論文が有り。その中にp106から109に「基礎的主題専門知識の獲得」が有り、「背景となる知識」、「業務経験」、「司書の研究活動」、「個人の研究活動」、等の論述が有り。
3 『生涯学習社会と図書館、レファレンス・サービス-明星大学司書課程講義レジメ-』(黒子恒夫著 1999年) のp19から20に「レファレンス(参考調査業務」)に6項目の記述が有り。
回答プロセス
(Answering process)
レファレンスサービスに関する資料を取り寄せて内容を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館サービス.図書館活動  (015)
参考資料
(Reference materials)
参考までに以下の資料の情報を提供した。
『レファレンス・サービスの創造と展開 (論集・図書館学研究の歩み 第10集)』(日本図書館学会研究委員会編集 日外アソシエーツ 1990)
『レファレンスサービス演習 (新図書館情報学シリーズ 6)j』(山本順一著 理想社 1999)
『レファレンスサービス演習 (JLA図書館情報学テキストシリーズ 5)』(大串夏身編著 日本図書館協会 1997)
『調べて探して見つけ出す-都立多摩図書館レファレンス回答事例集-』(東京都立多摩図書館 1990)
『図書館のプロが教える〈調べるコツ〉-誰でも使えるレファレンス・サービス事例集-』(浅野高史著 かながわレファレンス探検隊著 柏書房 2006)
『利用者志向のレファレンスサービス-その原理と方法-(ネットワーク時代の図書館情報学)』(斎藤泰則著 勉誠出版 2009年刊)
『日本図書館学講座 8 レファレンスワーク』(椎名六郎〔ほか〕編 雄山閣 1980)
『問題解決のためのレファレンス・サービス』(長沢雅男著 日本図書館協会 1991年刊)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087022解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決