このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086983
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10112811457601
事例作成日
(Creation date)
2010/11/12登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
柵原町にあった知本館について知りたい
回答
(Answer)
知本館は明治6年(1873)に直原又十郎の私宅に、山田方谷を招いて開いた私塾。方谷の学徳を慕って一時は門弟109人(『柵原町史』による。なお、『久米郡誌』によるとを300人)を数えた。方谷の死後、門弟福田久平仮塾頭によって経営していたが、方谷在世の時のように盛大ではなく、久平没後の明治17年(1884)には閉塾となった。『山田方谷の世界』(朝森要著)には、「知本館の碑(方谷の歌碑)」も写真で紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育史.事情  (372 9版)
参考資料
(Reference materials)
柵原町史編纂委員会編『柵原町史』柵原町(久米郡) 柵原町,1987,1318p.参照はp.927-930. 柵原町史編集委員会編『郷土の文化資料 第6集』柵原町(久米郡) 柵原町,1980,296p.参照はp.98-102. 久米郡教育会編『久米郡誌』加美村(久米郡) 久米郡教育会,1923,1200p.参照はp.673. 朝森要著『山田方谷の世界』岡山 日本文教出版,2002,157p.参照はp.142-134.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010112811484957601
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086983解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!