このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086962
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10090717257450
事例作成日
(Creation date)
2010/09/07登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
K熱電対の特徴や欠点を知りたい。
回答
(Answer)
資料①には、「K熱電対特有の欠点として、ショートレンジ・オーダリング(短範囲規則格子変態)がある。この現象は、クロム合金にみられるもので、K熱電対では350℃~550℃の範囲で加熱(使用)すると短時間に熱起電力が大きく変化する。この変態を生じたものは約800℃以上に加熱すると正常に復帰する。」とある。
資料②、資料③、資料④には、K熱電対についての記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
工業基礎学  (501 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① 日本電気計測器工業会編『新編温度計の正しい使い方』日本工業出版,2007,321p.参照はp.41-42.
資料② 松山裕著『実用温度測定』省エネルギーセンター,1998,181p.参照はp.27.
資料③ 計量管理協会編『温度の計測』コロナ社,1988,218p.参照はp.96-98.
資料④ 松山裕著『温度の測定と制御』省エネルギーセンター,214p.参照はp.41-44.
キーワード
(Keywords)
熱電対
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010090717294857450
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086962解決/未解決
(Resolved / Unresolved)