このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086946
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10062613456847
事例作成日
(Creation date)
2010/06/26登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
カタツムリとナメクジは関係があるのか。
回答
(Answer)
資料1には、「カタツムリは殻をつくるカルシウムが必要なことから、カルシウム分が得難い地方では繁殖に苦労し、種類や数もあまりおおく見られません。カタツムリが殻をつくるおもな目的のひとつは、乾燥から身を守ることにありますが、殻のかわりに粘液の分泌量をおおくして身を包みこめば、カルシウム分のすくない地方にも進出していくことができるわけです。このため、殻を放棄して粘液だけで体を包み、新天地を求めて進化していったのがナメクジのなかまということになります。」とある。資料2では、「ナメクジとは、陸に棲む巻き貝で、殻を退化させたもののことだ。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
軟体動物.貝類学  (484 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料1:大垣内宏『カタツムリの生活』築地書館,1997,153p.参照はp.14 資料2:盛口満『ゲッチョ先生のナメクジ探検記』木魂社,2010,245p.参照はp.36
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010062613473256847
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086946解決/未解決
(Resolved / Unresolved)