このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086895
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10032512455790
事例作成日
(Creation date)
2010/01/15登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
岡山にある耳塚(鼻塚)について知りたい。
回答
(Answer)
 資料①『岡山と朝鮮-その2000年のきずな-』には,備前市香登の耳塚(または百人鼻塚)が,写真と一緒に紹介されている。耳または鼻を百人分,あるいは六万人分埋めてあるという言い伝えがあるが,朝鮮侵略の際に宇喜多軍が持ち帰ったものかどうかはハッキリしないとしている。また,すぐ傍らに祀られている白壁塗,本瓦葺きのこぢんまりとした祠についても紹介しているが,写真からは撮影当時かなり傷みがひどかったことがわかる。資料②『備前を歩く』は,香登に祀られている千人鼻塚を取り上げ,宇喜多秀家の家老長船紀伊守の旗持ちだった長吏六助と新兵衛が朝鮮出兵から帰国した後,持ち帰った塩漬けの鼻を塚を作って葬ったという話を紹介している。掲載の写真には,昭和57(1982)年に再建された祠と,平成8(1996)年に作られた「鼻塚」の碑が並べて整備されている様子が写っており,碑の裏面に,日韓両国の親善を祈念してという趣旨が刻まれていることも説明している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①西川宏著『岡山と朝鮮-その2000年のきずな-』日本文教出版,昭和57年,参照はp85-87 資料②前川満著『備前を歩く』日本文教出版,平成12年,参照はp142-143
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010032512403155790
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086895解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!