このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086893
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10032114455771
事例作成日
(Creation date)
2010/03/06登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
ママカリの語源を知りたい。
回答
(Answer)
資料によって異なった説明が掲載されている。 資料1の「サッパ」の「歴史・文化」に「サッパの酢漬けのおいしさは隣家からご飯を借りてくるほどということで,瀬戸内海では古くから「ままかり」と呼び,とくに岡山県倉敷地方の名産品となっている」とある。資料2にも同様の記述がある。一方,資料3の「サッパ」には,「硬い鱗は剛鱗(カンリン)であり,その鱗が長く並んでいる状態が曼碼(マンマ)」,「曼とは「長い,長くなっている」,碼とは「並んでいる」という意味の字」,「ママカリとは,直訳すると「長く並んでいる,硬い鱗のある(魚)」の意味」といった記述がある。資料4の「航薇日記」に,「借飯魚(ままかり)」について,「此魚往年始めて漁船に上る漁人これ食ふに味美なり 闔船の飯を喫し盡し竟に隣船より飯を借て食ふ其の味の美なるに因てなり故に名づけしと」という記述があり,資料5にも引用されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
脊椎動物  (487 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料1:望月賢二監修,魚類文化研究会編『図説魚と貝の大事典』柏書房,1997,497p.参照はp.199. 資料2:『魚材魚貝大百科 第1巻』平凡社,1999,181p.参照はp.92. 資料3:江副水城著『魚名源』星雲社,2009,213p.参照はp.122-123.資料4:成島柳北ほか著『明治文学全集4』筑摩書房,1969,435p.参照はp.101.資料5:岡長平著『岡長平著作集 第四巻 岡山風土記』岡山日日新聞社,517p.参照はp.433.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010032114450155771
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086893解決/未解決
(Resolved / Unresolved)