このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086864
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10022519355424
事例作成日
(Creation date)
2010/01/15登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
江戸時代に長崎から江戸まで象が運ばれているが,岡山に関連記録は残っているか。
回答
(Answer)
「江戸時代」と「象」をキーワードにWEBサイトを検索すると,享保14年(1728)に,広南(いまのベトナム)から連れてきた象が江戸に運ばれていることが分かった。そこで,資料①『池田家履歴略記』の享保14(1729)年を探すと,「象宿于岡山」として4月13日に備前に到着し,その晩は町会所に止まり,14日に出発したことが記録されている。その他,象が驚かないように13日の辰の刻から14日の辰のまで鐘を撞くのを止めたことや,高さが一間半ほどもあったことなども書かれている。同様の記述は,資料②『吉備群書集成 第九輯』掲載の「吉備温故秘録」の来客の部にも書かれている。  なお,資料③『岡山太平記』には資料①のことが,資料④『矢掛町史 本編』には,資料②に記述があることが,それぞれ紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会  (360 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① 『池田家履歴略記 上巻』日本文教出版,昭和38年,参照はp692-693  資料② 吉備群書集成刊行会編『吉備群書集成9輯』昭和6年,参照はp540 資料③ 岡長平著『岡山太平記』宗政修文館,昭和5年,参照はp177  資料④ 岡山県矢掛町教育委員会内矢掛町史編纂委員会編『矢掛町史 本編』矢掛町,参照はp849
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010022519380355424
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086864解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!