このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086800
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M09020509472676
事例作成日
(Creation date)
2010/07/01登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時05分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
地球の月はどのようにしてできたのか知りたい。
回答
(Answer)
資料①には,「月の起源に関しては,三つの極端な説が提出されてきた。(1)地球-月共集積説:地球を公転する軌道上で地球と同時に微惑星の集積によって月が形成されたとする説,(2)地球分裂説:地球が分裂して月ができたとする説,(3)捕獲説:地球から離れた所にできた月が地球に捕獲されたとする説,である。三つの説はその特徴から,それぞれ「兄弟説」,「子供説」,「他人説」などとよばることがある。この3説はいずれも大きな困難を抱えている。」とある。そして,「最近,最も有望視されているのは,巨大衝突説(ジャイアントインパクト説)である。」とあり、巨大衝突説についての記述がある。
資料②には、「月の起源については、まだ完全に解明されていません。(中略)つぎの4つの説が唱えられてきました。捕獲説(他人説):月が太陽系のどこかでつくられ、たまたま地球の近くを通ったとき、地球の引力によってとられられた。分裂説:原始の地球からその一部が飛び出し、やがて月になった。双子集積説:月が地球の兄弟惑星として、地球の周りでガスやちりの塊からほぼ同時につくられた。巨大衝突説(ジャイアントインパクト説):原始の地球に火星サイズの天体が衝突。双方から物質が放出され、軌道上で合体し、月になった。現在もっとも有力視されているのは、巨大衝突説です。」とあり、巨大衝突説についての記述がある。
資料③には、「捕獲説」、「分離説」、「兄弟説」についてとその問題点についての記述があり、「これらの難問をクリアすべく、アリゾナ大学惑星科学研究所のドン・デービスとウイリアム・ハートマンが1975年に提唱したのが「ジャイアント・インパクト(大衝突)仮説」である。」とあり、ジャイアント・インパクトについての記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
天文学.宇宙科学  (440 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① 天文学大事典編集委員会編『天文学大事典』株式会社地人書館,2007,815p.参照はp.464-465.
資料② 三品隆司著『宇宙のすべて 神秘のベールに科学が挑む!』PHP研究所,2009,223p.参照はp.116.
資料③ 金子隆一・望獲つきよ著『面白いほどよくわかる宇宙の不思議』日本文芸社,2006,350p.参照はp.60-65.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2009020509433872676
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086800解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!