このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086798
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M09011711472604
事例作成日
(Creation date)
2010/11/16登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時05分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
「国際汽船」という船運行会社の創立・経営(運行船舶)・消滅の歴史を調べている。参考になる資料を紹介してほしい。
回答
(Answer)
資料①の「第5章 国際汽船の歴史 -苦難の歴史と売られた会社-」に、国際汽船の設立から大阪商船に合併されるまでの歴史がある。
資料②には「(前略)造船所の新建造し余剰となった仕入船を現物出資して、政府の融資を受けて資本金1億円の国策会社が大正8年7月1日に設立され、1か月後の8月1日開業の運びとなったのが国際汽船である。(中略)昭和18年11月16日、国際汽船は政府の指導により北日本汽船、摂津商船、原田汽船と共に大阪商船に吸収合併となった。そのときすでに優秀船の大半が戦没し、一覧表のように13隻が大阪商船に移籍となり、国際汽船25年の多彩な歴史は閉じられたのである。(後略)」とある。
資料③には、国際汽船に関する記述が合併の経緯などがある。
資料④には、合併に関する記述と年表がある。資料⑤、資料⑥にも同様の記載がある。
デジタルアーカイブ新聞記事として「大阪毎日新聞 1919.3.19(大正8)国際汽船の航路と定款」、「日本産業経済新聞 1943.8.9(昭和18)海運企業の統合月央から急進展吸収後の内部再編成は徐ろに」がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
海運  (683 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① 岡庭博著『近代海運の航跡』日本海事広報協会,1985,404p.参照はp.277-326.
資料② 松井邦夫著・画『日本商船・船名考』海文堂出版,2006,361p.参照はp.118-129.
資料③ 『海事要覧』海事彙報社,1936,参照はp.34-37.
資料④『大阪商船株会社80年史』大阪商船三井船舶,1966,867p.参照はp11,p449,p814-867
資料⑤ 日本経営史研究所編『大阪商船三井船舶創業百年史』大阪商船三井船舶,1985,863p.
資料⑥ 日本経営史研究所編『大阪商船三井船舶創業百年史 付録』大阪商船三井船舶,1985,300p.
神戸大学附属図書館「大阪毎日新聞 1919.3.19(大正8)国際汽船の航路と定款」神戸大学附属図書館,2002(http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00140718&TYPE=HTML_FILE&POS=1)(2011.03.21確認)
神戸大学附属図書館「日本産業経済新聞 1943.8.9(昭和18)海運企業の統合月央から急進展吸収後の内部再編成は徐ろに」神戸大学附属図書館,2008(http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=10033902&TYPE=HTML_FILE&POS=1)(2011.03.21確認)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2009011711402972604
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086798解決/未解決
(Resolved / Unresolved)