このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086796
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M08111610472503
事例作成日
(Creation date)
2010/07/10登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時05分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
コククジラやセミクジラに付いているカラシティーは何のためについているのか。
回答
(Answer)
Callosities(資料によってはカロシティ,ケロシティとも表記あり)は,資料①には「こぶ状隆起の機能はよくわかっていない。同種個体との闘争に使用されるという説がある。他にも,鼻孔に水が入らないようにするための<泥よけ>的な役割をするといった怪しげな説もある。」とある。資料②には「大部分のセミクジラのいぼは数個が並んでいるが、ボンネットだけはただ1つの大きないぼでできている。それらのいぼは産まれたときから存在するが、その正確な機能はまだわかっていない。雄のいぼの数は雌よりも多いことから,繁殖競争の中で、雄が他の雄に体当たりするときの武器として役立つのかもしれないと示唆する者もいる。」とある。資料③では胼胝(へんち)と記述されており、「ケラチン(サイの角や人間の爪の主成分)でできたその「胼胝」の機能ははっきりしていないが、一説では噴気孔に水が入るのを防ぐための「しぶきよけ」ではないかといわれている」とある。資料④には「分布のさまがそれぞれの個体によって異なるため,頭部を写真に記録することで個体識別が可能となる」とある。資料⑤には「頭部にはカロシティ-皮膚のざらついた部分でクジラジラミやフジツボの仲間が付着する-がある。カロシティの中でも大きいものは吻の頂部にあって,ボンネットと呼ばれている」とある。資料資料⑥では「セミクジラの頭部にある、角質化した皮膚の隆起。カラシティには、フジツボやクジラジラミが寄生する」とある。個体識別に利用されることは多くの資料に記述が見られたが、何のためにあるのかについてははっきり記述があるものはなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
哺乳類  (489 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① アンソニー・マーティン著『クジラ・イルカ大図鑑』平凡社,1991,205p.参照はp.66.
資料② Andrew Campbell著『海の動物百科1 哺乳類』朝倉書店,2006,77p.参照はp.55.
資料③ マーク・カ-ワディン著『波間に踊るクジラを追って』草思社,1997,226p.図版16p.参照はp.216.
④ 水口博也著『クジラ・ウォッチングガイドブック』TBSブリタニカ,2002,143p.参照はp.97.
資料⑤ トマス・A・ジェファソン著『海の哺乳類FAO種同定ガイド』NTT出版,1999,336p.参照はp.42.
資料⑥ トレバー・デイ著『ザ・ホエールウォッチング』昭文社,2007,160p.参照はp.144.
キーワード
(Keywords)
カラシティー
Callosities
ボンネット
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2008111610473472503
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086796解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!