このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085979
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00130
事例作成日
(Creation date)
2010年12月02日登録日時
(Registration date)
2011年05月10日 14時09分更新日時
(Last update)
2011年11月12日 09時50分
質問
(Question)
パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの神経難病のコミュニケーション支援についての雑誌・論文・テキストがあったら紹介してほしい。
機器についてや、精神面のサポートなど、幅広くコミュニケーションについて知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】~【資料7】を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『脳卒中・神経難病による発音・発声の障害 ST・家族・医療福祉専門職のためのディスアースリア・ガイドブック』 玉井直子・木村康子著 ライブストーン 2006 (p82-116「第5章 訓練指導方法」,p117-132「第6章 補助代替コミュニケーション」)
【資料2】『パーキンソン病がわかる本 正しい知識で病気と付き合っていくために』 福永秀敏編著 法研 2002 (p174-179)
【資料3】『たいせつな家族がパーキンソン病になったときに読む本』 高橋一司監修 講談社 2007 (p76‐77)
【資料4】『よくわかるパーキンソン病のマネジメント』 田代邦雄編 医薬ジャーナル社 2008 (p57‐61,p62-69,p70-75)
【資料5】『脊髄小脳変性症のすべて』 水澤英洋監修 日本プランニングセンター 2006 (p151-154に患者の日常生活に便利な用具の紹介あり)
【資料6】「特集:難病のリハビリテーション:神経筋疾患を中心に」 (『総合リハビリテーション2008年11月号』 p1037-1068
)
【資料7】「リハビリテーション医療工学と情報技術」 (『総合リハビリテーション2007年10月号』 p1233-1238)
キーワード
(Keywords)
神経難病
コミュニケーション支援
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000085979解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!