このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085737
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2011-010
事例作成日
(Creation date)
2011年03月26日登録日時
(Registration date)
2011年04月28日 15時46分更新日時
(Last update)
2011年07月22日 12時32分
質問
(Question)
愛知県の旧制中学の一覧が見たい。
回答
(Answer)
昭和18年のものですが、『愛知県教育史 第4巻』に中学校23(併設の夜間中学校3を含むと26)の名称・位置・学級数・教員(数)・応召教員(数)がわかる一覧表があります。
回答プロセス
(Answering process)
(1)まず『愛知県教育史』を調べてみると、第4巻に学校表(明治7年・17年・40年、昭和18年)がありました。昭和18年のものでは中学校23(公立夜間中学校2、私立夜間中学校1を含むと26)の名称・位置・学級数・教員(数)・応召教員(数)がわかります。同書には明治7年から昭和20年までの中学校の学校数などをまとめた統計もあり、昭和20年の中学校数は23(公立17、私立6)になっています。また、『全国公立私立中学校ニ関スル諸調査』という資料がありましたが、昭和12年までしかありませんでした。

(2)『愛知県教育史』によると、戦後の学校教育法により新制中学校・県立高等学校が昭和22年4月1日付けで設置されていましたので、昭和22年前後の中学校数がわかる資料がないか調べてみます。

 ・『一目でわかる学校系列と教育業地図』→「旧制中学校・高等女学校」と「新制高校」を対比した表がありますが、公立の中学校17のみです。
 ・『学校名変遷総覧 大学・高校編』→県別学校別に変遷がわかりますが、一覧表にはなっていません。
 ・『愛知県統計書 昭和21年』→「25 学校総覧 昭和22.5.31現在」の表で旧制中学校が総数23となっています。
 ・『愛知県統計書 昭和22年』→「250 学校総覽(全管) (昭和23.5.31)」の表では新制学校と一部旧制学校の学校数がありますが、「旧制中学校」の表示はありません。
 ・『愛知県教育史 資料編現代1』→公立のみですが、昭和21年4月の愛知県立中学校の生徒募集の告示に中学校(17、第二部を含むと19)の一覧があります。

(3)以上のことから、昭和22年5月31日時点での愛知県の旧制中学校の総数は23で、『愛知県教育史 第4巻』の昭和18年の学校表の中学校数と一致していることがわかりましたので、こちらの資料をご紹介しました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育史.事情  (372 9版)
参考資料
(Reference materials)
『愛知県教育史 第4巻』 愛知県教育委員会/編  第一法規出版 1982年 p.739-740,777-779
『全国公立私立中学校ニ関スル諸調査 昭和12年度(昭和12年10月1日現在)』 文部省普通学務局/編  文部省普通学務局 1938年 p.9-10
『一目でわかる学校系列と教育業地図』 吉本俊二/著  日本実業出版社 1994年 p.139
『学校名変遷総覧 大学・高校編』 日外アソシエーツ株式会社/編集  日外アソシエーツ 2006年
『愛知県統計書 昭和21年』 愛知県/編 愛知県 1949年 p.39
『愛知県統計書 昭和22年』 愛知県/編 愛知県 1949年 p.299
『愛知県教育史 資料編現代1』 愛知県教育委員会/編集 愛知県教育委員会 1997年 p.220-231,478-480,487-488,513-514,526-527
キーワード
(Keywords)
旧制中学校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000085737解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!