このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085724
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000007284
事例作成日
(Creation date)
2011年03月23日登録日時
(Registration date)
2011年04月27日 13時44分更新日時
(Last update)
2011年04月27日 13時44分
質問
(Question)
「とよあしはらのみずほのくに」という日本の国名の呼び方はいつ頃使われていたものか。
回答
(Answer)
「豊葦原瑞穂国」は古代神話の中の国土の美称の一つ。「古事記」「日本書紀」に見える。
回答プロセス
(Answering process)
1.『国史大辞典』第10巻(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1997年)「とよあしはらみずほのくに 豊葦原瑞穂国」の項→古代神話の中の国土の美称の一つ。「古事記」「日本書紀」に見える。豊葦原瑞穂国は「豊葦原千五百秋瑞穂国」の簡略体で、意味は「葦の穂の豊かにめでたく生いしげる国」。国土を表す和風の美称には、ほかに「(豊)葦原中国(あしはらのなかつくに)」「大八嶋(洲)国」(記紀)がある。豊葦原瑞穂国は葦原中国とともに、神話展開上、降臨の詔以下天孫神武天皇の統治以前に用いられる呼称。

2.『国史大辞典』第11巻(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1990年)「にほん 日本」の項→「国号」の小項目あり。わが国の古い呼称として、次のものが挙げられている。
 ・大八洲(おおやしまくに)※「養老令」
 ・大八洲(島)国(おおやしまくに)※「古事記」、「日本書紀」神代
 ・葦原中国(あしはらなかつくに)※「古事記」、「日本書紀」神代
 ・豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきのながいほあきのみずほのくに)※「日本書紀」神代
 ・豊葦原千五百秋瑞穂国(とよあしはらのちいほあきのみずほのくに)※「日本書紀」神代
 ・秋津島(洲)※「古事記」、「日本書紀」神武記・孝安記
 ・大日本豊秋津洲(おおやまととよあきずしま)※「日本書紀」神代
また、天平勝宝4(752)年ごろから「大和国(やまとのくに)」(「万葉集」)が用いられるようになり、以後、日本の国名にも「大和」が一般に用いられるようになった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『国史大辞典』第10巻(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1997年) (p445)
『国史大辞典』第11巻(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1990年) (p105-106)
キーワード
(Keywords)
豊葦原瑞穂国
豊葦原千五百秋瑞穂国
日本
国名
「古事記」
「日本書紀」
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
日本の歴史
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000085724解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!