このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085518
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000327
事例作成日
(Creation date)
2011/03/31登録日時
(Registration date)
2011年04月23日 02時01分更新日時
(Last update)
2011年05月23日 13時53分
質問
(Question)
琉球王府時代の料理書、または料理献立などの資料を紹介してほしい。
回答
(Answer)
『琉球歴史夜話』(源武雄、新星図書出版、1971年)
p222~248「琉球料理の話」で、冊封使の来琉と薩摩侵攻が琉球の歴史の歩みを大きく変えたとし、琉球料理は、中国料理と日本料理の影響を強く受けていると述べている。著者も参加する琉球料理研究会の資料のうちから「尚家の七月盆料理」、「伊江御殿盆料理」を紹介し、各種文献から「冊封使接待の料理」、「ペルリ提督接待時の料理」、「尚順男爵邸の琉球料理」などの献立を抜粋し紹介している。

冊封使を接待した際の料理については、
『琉中歴史関係国際学術会議論文集 第四回』(琉球中国関係国際学術会議、1993年)
p295~315に「御冠船料理にみる中国文化の影響」(金城須美子 著)を収録。
冠船料理の献立構成、食材、系譜、特徴などについて考察しており、次のように述べている。

「冠船料理の献立、材料、調理法について具体的記述のある文献は数少なく、これまで検索し、資料収集のできたのは下記の史料である。
1『琉球冊封使一件』 文化五年(1808) 冊封記録 内閣文庫蔵本 琉大図書館複写
2『通航一覧』巻二十三 宮内庁図書 琉球大学図書館蔵書(写)
3『琉球冠船記録』 慶応二年(1866) 東大史料編纂所蔵本 1-9
4『支那冊封使来琉諸記』巻下 元治元年(1864) 鹿児島県立図書館蔵本
5『類衆琉球入貢諸例三 唐士通航之部』編輯課 外務省 琉球大学図書館蔵 
6『冊封使渡来之時之覚書』(巻紙 )琉球大学図書館蔵 
7『冠船之時御道具之図』 同治六年(1867) 沖縄県立博物館所蔵」

以上のうち当館が所蔵するのは、以下の2点。
①『通航一覧』巻二十三(国書刊行会、1912年)
②『支那冊封使来琉諸記 下巻』(沖縄県立図書館、2002年)琉球大学図書館仲原文庫蔵のマイクロ複製本。

いずれも「冊封之時勅使以下江献立并卓之図」を収録。①は1808年尚コウ王、②は1868年尚泰王冊封時の宴席の献立である。『琉球歴史夜話』(源武雄、新星図書出版、1971年)p242~244、『琉球料理』(田島清郷、月刊沖縄社、1966年)p137~140で紹介されているのは、1868年の「冊封之時勅使以下江献立并卓之図」。

『琉球王朝五百年の栄華』(琉球放送、2004年)
p184~189に「琉球王朝の宮廷料理」(安次富順子 著)を収録。御冠船料理(冊封使歓待料理)の献立を再現した写真が掲載されている。


八重山在番が交替した際の招待儀礼(首里王府の役人を八重山の役人が接待する)の献立は、『御在番様招請之時膳符日記』(琉球大学附属図書館宮良殿内文庫蔵、当館はマイクロ複製本を所蔵)に記録されている。これは『「御在番様招請之時膳符日記」について』(門上秀叡 著・翻刻、『東京経済大学人文自然科学論集』第59号、1981年)に翻刻がある。1873年、1876年、1877年の献立を収める。

19世紀に琉球を訪問した西洋人をもてなした料理については、
『朝鮮・琉球航海記』(バジル・ホール著、春名徹訳、岩波書店、1986年)p135-138(1816年のバジル・ホール訪問)
『原文和文対訳 ペリー提督沖縄訪問記 (1794-1858)』(Mathew Calbeaith Perry[原著]、外間政章訳注、1975年改訂版)p183-187(1853年のペリー訪問)
がある。


また、
『琉球』(伊東忠太著、東峰書房、1942年)p164-167には、1914年に沖縄を訪問した伊東忠太が、首里市長や尚順らから受けた饗応料理の献立が記されている。
『琉球料理』(田島清郷著、月刊沖縄社、1966年)p140には、尚家料理人の子孫の所蔵資料をもとに、「琉球最後の国王、尚泰侯日常の食膳の料理の一例」を紹介している。


昭和のはじめごろまで大きな祝い事のときに首里・那覇の士族階級や上流家庭で作られていたという「五段の御取持(ウトゥイムチ)」を再現し、解説した資料として、
『琉球料理全書 1』(松本嘉代子、新星図書、1979年)p16-33
『琉球料理』(新島 正子∥著、新島料理学院、1971年)p12-17
がある。


菓子については、
『沖縄キリスト教短期大学紀要 第24号』(沖縄キリスト教短期大学、1995年)
p181~201に「王朝時代の琉球菓子の分類と解説」(安次富 順子 著)の収録あり。
『沖縄キリスト教短期大学紀要 第26号』(沖縄キリスト教短期大学、1997年)
p141~153に「文献にあらわれた琉球菓子の資料整理」(安次富 順子 著)の収録あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 琉球歴史夜話 源 武雄∥著 沖縄文教出版 1971.11 K200.4/MI38/ 222-248

2 琉中歴史関係国際学術会議論文集 第四回 琉球中国関係国際学術会議∥編 琉球中国関係国際学術会議 1993.3 K200.4/C67/4 295-315

3 通航一覧 第1 林 〓∥著 国書刊行会 1912 210.5/H48/1

4 支那冊封使来琉諸記 下巻 沖縄県立図書館(私製) 2002.4 K200.8/SH59/2

5 琉球料理 田島 清郷 月刊沖縄社 1966.4 K59/TA26/ 83-87、137-140

6 琉球王朝五百年の栄華 琉球放送∥[編] 琉球放送 2004.12 K70/R98/ 184-189

7 御在番様招請之時膳符日記 K25/G74/

8 『御在番様招請之時膳符日記』について 門上 秀叡∥〔著 翻刻〕 沖縄県立図書館(私製) 1992 K383/KA14/

9 朝鮮・琉球航海記 バジル ホール∥著 岩波書店 1986.7 K299/H21/ 135-138

10 原文和文対訳 ペリー提督沖縄訪問記 (1794-1858) Mathew Calbeaith Perry∥[原著] 外間政章 1975.2 K299/P42/ 183-187

11 琉球 伊東 忠太∥著 東峰書房 1942(昭和17).11 K52/I89/ 164-167

12 琉球料理全書 1 松本 嘉代子∥著 新星図書 1979.1 K59/R98/1 16-33

13 琉球料理 新島 正子∥著 新島料理学院 1971.4 K59/N72/ 12-17

14 沖縄キリスト教短期大学紀要 第24号 沖縄キリスト教短期大学∥編 沖縄キリスト教短期大学 1995.12 K377/O52/24 181-201

15 沖縄キリスト教短期大学紀要 第26号 沖縄キリスト教短期大学∥編 沖縄キリスト教短期大学 1997.12 K377/O52/26 141-153
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000085518解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!