このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085496
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000320
事例作成日
(Creation date)
2011/03/31登録日時
(Registration date)
2011年04月23日 02時01分更新日時
(Last update)
2011年05月23日 13時55分
質問
(Question)
琉球石灰岩の特性に関する資料はあるか。
回答
(Answer)
『沖縄大百科事典 下 ナ~ン』(沖縄大百科事典刊行事務局、沖縄タイムス社、1983年)
p893~894「琉球石灰岩」の項あり。分布、形成・構造、成分、特徴などの記述あり。以下はその特徴に関する文章の抜粋。
「溶食や断層によって洞穴や割れ目がよく発達している・・・下位の地層を不透水基盤として、琉球石灰岩中に貯留される地下水は、琉球列島における最大の地下資源として、さかんに利用されている。」

『沖縄の自然』(氏家宏、ひるぎ社、1990年)
p97~118に『過去の大サンゴ礁「琉球石灰岩」』(松田伸也 著)を収録。

『日本のサンゴ礁』(環境省、自然環境研究センター、2004年)
p217に「琉球石灰岩の地形と利用」(目崎茂和 著)を収録。

『琉球列島ものがたり』(神谷厚昭、ボーダーインク、2007年)
p44~58「人びとの暮らしと石-琉球石灰岩について-」
p74~90「琉球石灰岩とウルマ変動」

『奄美・沖縄岩石鉱物図鑑』(加藤祐三、新星図書出版、1985年)
p88~105「生物的・化学的堆積岩」の項目に、第四紀更新世(琉球石灰岩)が多数、写真入りで紹介されている。p88にはその特徴について述べた文章が、p89には石灰岩の分布図が掲載されている。以下の文章はp88からの抜粋。
「琉球石灰岩にはいくつかの特徴がある。第1は日本では琉球列島だけに分布していること・・・第2は大変新しいこと。・・・何十万年という若さである。第3は小さな穴が沢山あること・・・第4は結晶粒が大変細かいこと。・・・最近、これらの特徴が注目され始めて多方面にわたる用途が開発されつつある。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄大百科事典 下 ナ~ン 沖縄大百科事典刊行事務局∥編 沖縄タイムス社 1983.5 K03/O52/3 893-894

2 沖縄の自然 氏家 宏∥編 ひるぎ社 1990.8 K454/U57/ 97-118

3 日本のサンゴ礁 環境省∥編 自然環境研究センター 2004.8 K452/N77/ 217

4 琉球列島ものがたり 神谷 厚昭∥著 ボーダーインク 2007.3 K454/KA39/ 44-58、74-90

5 奄美・沖縄岩石鉱物図鑑 加藤 祐三∥著 新星図書出版 1985.2 K454/KA86/ 88-105
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000085496解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決