このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085478
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000231
事例作成日
(Creation date)
2011/03/29登録日時
(Registration date)
2011年04月23日 02時01分更新日時
(Last update)
2011年05月23日 13時57分
質問
(Question)
親雲上・親方の読みと意味が知りたい。
回答
(Answer)
下記資料で、読みと意味を確認。

『沖縄大百科事典 上 ア~ク』(沖縄大百科事典刊行事務局、沖縄タイムス社、1983年)
 p269 「親方 ウェーカタ」の項。王府時代の位階名・称号。王子、按司以外の一般の士を分けて親方と平士(親雲上以下)とする。紫冠をつける。

『沖縄大百科事典 下 ナ~ン 』(沖縄大百科事典刊行事務局、沖縄タイムス社、1983年)
 p417 「親雲上 ペークミー」の項。王府時代の士族で、従七品~正三品の地頭職の称号。古代の大(おお)やくもいの転訛。先島の頭や地頭代、夫地頭は<ペーチン>と発音。平士が普通で、まれに親方に上がった。

位階制度についての参考資料として、下記の資料も提供する。

『沖縄大百科事典 上 ア~ク』p148-150「位階制度」の項

『沖縄門中大事典』(那覇出版社、2001年)p64-71「位階制度1~3」

『球陽論叢』(島尻 勝太郎ほか、ひるぎ社、1986年)
 p121~144 「近世琉球の位階」(宮里朝光 著)

『近世の琉球』(渡口真清、法政大学出版局、1975年)
 p235-278 「位階称号と筋目」

『東恩納寛惇全集 4』(東恩納 寛惇、第一書房、1979年)
 p392~410 「旧琉球の位階制度」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄大百科事典 上 ア~ク 沖縄大百科事典刊行事務局∥編 沖縄タイムス社 1983.5 K03/O52/1 269

2 沖縄大百科事典 下 ナ~ン 沖縄大百科事典刊行事務局∥編 沖縄タイムス社 1983.5 K03/O52/3 417

3 沖縄門中大事典 宮里 朝光∥監修 那覇出版社 2001.7 K288/MI88/ 64-71

4 球陽論叢 島尻 勝太郎・嘉手納 宗徳・渡口 真清 三先生古稀記念論集刊行委員会∥編 ひるぎ社 1986.12 K200.4/KY9/ 121-144

5 近世の琉球 渡口 真清∥著 法政大学出版局 1975.3 K205/TO23/ 235-278

6 東恩納寛惇全集 4 東恩納 寛惇∥著 第一書房 1979.4 K08/H55/4 392-410
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000085478解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!