このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085443
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000220
事例作成日
(Creation date)
2011/03/29登録日時
(Registration date)
2011年04月23日 02時01分更新日時
(Last update)
2014年03月27日 12時46分
質問
(Question)
①そば屋などに置かれている、赤と黄色で塗られた、沖縄の箸(うめーし)についての資料が見たい。
②赤と黄色の箸に限らず、琉球王府などでの箸の利用記録や箸利用の歴史、などが記された資料があれば、こちらも読みたい。王族の食事の様子を表した絵資料などに、箸が描かれていないかなども知りたい。
回答
(Answer)
① 沖縄の箸(うめーし)の資料について
『沖縄文化史辞典』(真栄田 義見 編 琉球政府文化財保護委員会監修、東京堂出版、1972年)
 p312 「箸」の項に「ウメーシなどともよぶ・・・」とし、作り方が書かれている。色については記述なし。

『読谷村史 第4巻 資料編3』(読谷村史編集委員会、読谷村役場、1995年)
 p257に、「…大正8年ごろからは、朱と黄色で塗られた箸も出始め、接客用として購入し…」との記述あり。

『西原町史 第4巻』(西原町史編纂委員会、西原町役場、1990年)
 p791に「…正月には赤箸(竹製で半分赤く染めた箸)を買っていた。」とある。p793に記載されている聞取り調査協力者8名は明治38年〜大正3年生まれの方々であることから、明治後半から大正、昭和初期にかけての頃の話と思われる。

『週刊レキオ』1225号(2009年4月16日掲載)の「島ネタCHOSA班」のコーナーに「このおはし、何で赤と黄色なの?」という記事あり。その中で、わしたショップで販売されている商品の説明書きに「琉球王朝時代に中国から伝わったと言われていますが、定かではありません。上の部分の赤は太陽。下の黄色い部分は月を表していると言われています。」という説明書きがあるとし、また、那覇市文化財調査審議委員の崎間麗進氏の話として、「…昭和始めにはすでに一般庶民の家庭や食堂で使われていた。色の組み合わせは本来、紅白からきていると思う。白い部分を高貴な黄色に代えて、より縁起を担いだんでしょう。」と紹介している。
<記事> http://www.lequio.co.jp/articles/article.php?storyid=387 (2011年02月17日現在)

『沖縄大衆食堂』(仲村 清司、双葉社、2001年)
p78で、うめーし(塗箸)に関して、「…どうやら鹿児島から伝わってきたものらしいが…」という記述あり。

② 琉球王府の箸の利用については確認できず。王族の食事の様子を表した資料として下記資料を紹介。
『なぜなぜ首里城』(海洋博覧会記念公園管理財団、1995年)
 p36 「王様は、どんなものを食べてたの?」の項に挿絵あり。 
 
宮廷料理や冊封使の接待料理などは、下記資料に掲載あり。
『琉球王朝五百年の栄華』(琉球放送、2004年)
 p184~188 「琉球王朝の宮廷料理」として、料理を再現した写真を掲載。
『琉球料理』(田島 清郷、月刊沖縄社、1966年)
 p137~140 「・・・冊封使御接待七宴の献立表」と「・・・尚泰侯の日常の食膳の料理の一例」が掲載されている。
『琉球料理全書 1』(松本 嘉代子、新星図書、1979年)
 p16~33 「五段の御取持(ウトゥイムチ)」の献立が写真入りで掲載され、祝いの時に士族階級や上流家庭でつくられた、王朝時代の代表的な供応料理と説明されている。
『琉球歴史夜話』(源 武雄、新星図書出版、1980年)
 p320~336 戦前の尚家、伊江御殿、那覇の盆料理、冊封使接待の料理、尚順男爵邸の琉球料理が紹介されている。

沖縄の食文化については、下記サイトも参考になる。
ワンダー沖縄  http://www.wonder-okinawa.jp/jp/26.html (2011年02月17日現在)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会科学  (3)
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄文化史辞典 真栄田 義見∥編 東京堂出版 1972.3 K03/MA26/ 312
2 読谷村史 第4巻 資料編3 読谷村史編集委員会∥編 読谷村役場 1995.3 K22/Y81/4-3-1 257
3 西原町史 第4巻 西原の民俗 西原町史編纂委員会∥編 西原町役場 1990.3 K22/N82/4 791
4 『週刊レキオ』1225号(2009年4月16日掲載)
5 沖縄大衆食堂 仲村 清司 腹ペコチャンプラーズ∥著 双葉社 2001.6 K59/N37 78
6 なぜなぜ首里城 海洋博覧会記念公園管理財団∥編 海洋博覧会記念公園管理財団 1995.3 K201/KA21/ 36
7 琉球王朝五百年の栄華 琉球放送∥[編] 琉球放送 2004.12 K70/R98/ 184-188
8 琉球料理 田島 清郷 月刊沖縄社 1966.4 K59/TA26/ 137-140
9 琉球料理全書 1 松本 嘉代子∥著 新星図書 1979.1 K59/R98/1 16-33
10 琉球歴史夜話 源 武雄∥著 新星図書出版 1980.6 K200.4/MI38/ 320-336
キーワード
(Keywords)
ウメーシ
沖縄
琉球王府
食事
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000085443解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決