このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085357
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000261
事例作成日
(Creation date)
2011/03/29登録日時
(Registration date)
2011年04月23日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年05月23日 13時43分
質問
(Question)
琉球王朝の頃、どのような暦を使っていたか知る手掛かりとなる資料があるか。
また、その暦は薩摩藩と関係があるのか?
回答
(Answer)
下記資料を調査、紹介。

『王府の暦をめぐる諸問題』(中鉢 良護、琉大史学会、1990年)
 p2~3 「一、暦制関係の諸史料」で、各史料における暦に関する記述を紹介。

『琉球史辞典』(中山 盛茂、文教図書、1978年)
 p301~302 「暦」の項。

『沖縄研究ノート 2』(宮城学院女子大学キリスト教文化研究所、1993年)
 p22~32 「近世琉球の暦 試論-大清時憲暦と選日通書」(高田紀代志:著)所収。

『沖縄研究ノート 3』(宮城学院女子大学キリスト教文化研究所、1994年)
 p1~12 「近世琉球の暦をめぐって 試論その二-琉球暦と薩摩暦」(高田紀代志:著)所収。

『風水・暦・陰陽師』(三浦 国雄、榕樹書林、2005年)
 p57~186 「Ⅱ沖縄の暦書と通書と日用百科事典」において、琉球・沖縄で用いられた暦に関する記述あり。

『沖縄大百科事典 中 ケ~ト』(沖縄タイムス社、1983年)
 p621 「造暦」の項。
 
『沖縄民俗辞典』(吉川弘文館、2008年)
 p216~217 「こよみ 暦」の項。

上記資料から、沖縄の暦は進貢していた中国との関連が深いことがわかる。例えば、1465年琉球で初めて暦を作成した金鏘や、1674年暦を作成し広めた楊春栄は中国で暦法を学び、暦官として造暦を司っている。但し、第一尚氏王統時代には薩摩の侵攻と明清交代期であった影響で、和暦も使われたとの記述もある。また薩摩の侵攻後は琉球・薩摩両者の間で暦の併用、交換を行っていたことが当時の史料から確認できる。
1663年清の公暦である「時憲暦」を国内で刊行、1718年には「時憲暦」を沖縄に合わせて修改した暦「撰日通書」が作成され、一般に用いられたとされる。その他、民間で作られた暦として「選吉必鑑」や「選日宝鑑」、「廸吉全書」などがある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000085357解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!