このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085279
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H23-004
事例作成日
(Creation date)
2011年04月21日登録日時
(Registration date)
2011年04月21日 14時30分更新日時
(Last update)
2011年06月01日 15時34分
質問
(Question)
偽計業務妨害行為とはどのようなことか知りたい。
回答
(Answer)
②の資料p271、④の資料p139に「偽計業務妨害行為」について説明があり、②の資料p271の複写物を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
市内OPACでキーワードを“偽計業務妨害行為”や“業務妨害”などにして検索すると次の資料が見つかった。

①『最新重要判例250刑法 第7版』 前田雅英/著 弘文堂 2009 (自館請求記号:326)
p154に業務妨害に関する判例がいくつか載っている。参照条文に刑法233条と234条が挙げられている。

刑法に関する資料がある棚の周辺から次の資料を見つけた。

②『刑法』 山口 厚/著 有斐閣 2005 (自館請求記号:326)
p267の「業務妨害」という項目のp271に「偽計」があり、「偽計業務妨害行為」について説明されている。

③『刑法』 伊藤塾/著 弘文堂 2008 (自館請求記号:326)
p562に刑法233条から234条が載っている。

④『刑法講義各論 新版』 大谷實/著 成文堂 2001 (自館請求記号:326.2)
p136の「業務妨害罪」という項目のp139に「偽計」があり、「偽計業務妨害行為」について説明されている。

②の資料p271、④の資料p139に「偽計業務妨害行為」について書かれている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
刑法.刑事法  (326 9版)
参考資料
(Reference materials)
『最新重要判例250刑法 第7版』 前田雅英/著 弘文堂 2009 (自館請求記号:326)
『刑法』 山口 厚/著 有斐閣 2005 (自館請求記号:326)
『刑法』 伊藤塾/著 弘文堂 2008 (自館請求記号:326)
『刑法講義各論 新版』 大谷實/著 成文堂 2001 (自館請求記号:326.2)
キーワード
(Keywords)
偽計業務妨害行為
刑法233条
刑法234条
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000085279解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!