このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085013
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-0057
事例作成日
(Creation date)
2010年12月4日登録日時
(Registration date)
2011年04月13日 11時29分更新日時
(Last update)
2011年05月25日 12時25分
質問
(Question)
新規需要米、米粉について知りたい。
回答
(Answer)
<新規需要米>
 米穀のうち、国内主食用米及び加工用米以外の米穀〔飼料用・米粉用
(米以外の穀物代替となるパン・麺等の用途)・輸出用・バイオエタノール用
のほか、地方農政事務所長等が主食用米の需給に影響を及ぼさないと認めたもの〕
を指します。
 参考:岩手県公式ホームページ 
   「飼料用米等の利用等について」  http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?cd=9379&ik=0&pnp=14
    (最終アクセス 2011年5月12日)

 なお、「米穀の新用途への利用の促進に関する法律」(平成21年4月24日 法律第25号)
〔通称:米粉・飼料用米法、米粉・エサ米法〕では、<新用途米穀>の名前で、
その定義等を確認できます。
 参考:日本法令索引
    「米穀の新用途への利用の促進に関する法律」  http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/viewKaisei.do?i=d0Sa8wlYmdsKZYmHyCFWnQ%3d%3d

<米粉>
 米を粉末にした食材。日本での米粉の歴史は古く、奈良時代までさかのぼります。
奈良時代に遣唐使により、小麦粉や米粉で型をつくり、油で揚げた煎餅や環餅(まがり)のような
唐の菓子が伝えられたとされています。
 その後、小麦や米粉の食文化が普及していきました。
 また、米粉はお米の新しい食べ方として、ここ数年急速に脚光を浴びています。製粉技術の進歩により、
パンやケーキ、さらには麺類などに幅広く利用されています。
 日本人の食生活が変容を遂げ、お米の消費量が年々減少し続ける中、食料自給率アップの救世主と
しても期待されています。
 参考:全国穀類工業協同組合
    「米粉の歴史」  http://www.komeko.net/whats/history.html
    (最終アクセス 2011年5月12日)
    米粉倶楽部
    「知ってほしいな 米粉のこと」  http://syokuryo.jp/komeko/howto/
    (最終アクセス 2011年5月12日)


 参考資料として、雑誌『現代農業』にて、新規需要米についての記事が確認できる。
オンラインデータベース『ルーラル電子図書館』で記事本文閲覧可能。

参考資料1 「新規需要米」で農家が米の需要を増やす
 『現代農業』88(12) (通号 758)[2009.12]
 p.318~(8P)、P326~(6P)、P332~(2P)に収録。

参考資料2 「新規需要米の多収に腕が鳴る」
 『現代農業』89(2) (通号 760)[2010.2]
 P.256~(1P)、P.257~(5P)、P.262~(2P)、P.264~(2P)、P.265~(2P)、
 P.267~(2P)、P.268~(2P)、P.270~(2P)に収録。

参考資料3 「新規需要米に必要な新製品」
 『現代農業』89(3) (通号 761)[2010.3]
 P.282~(1P)に収録。

参考資料4 「新規需要米 こうつくる こう売る(新連載)自分を「実需者」にして米粉用米」
 『現代農業』89(4) (通号 762) [2010.4] 
 p.340~(4P) に収録。

参考資料5 「新規需要米 こうつくる こう売る(第2回)
 米からビフテキが生まれる時代がやってきた--福島県会津坂下町・五十嵐清七さん」
 『現代農業』89(5) (通号 763) [2010.5] 
 p.326~(6P)に収録。

参考資料6 「新規需要米 こうつくる こう売る(第3回)微粉砕製粉機を導入
 まずは「どら焼き」で会津の米粉利用を盛り上げたい--福島県喜多方市・新田球一さん」
 『現代農業』89(6) (通号 764) [2010.6] 
 p.356~(6P)に収録。

参考資料7 「新規需要米 こうつくる こう売る(第4回)
 稲作・畜産農家と市の連携でできた飼料米の地域内流通--千葉県旭市」
 『現代農業』89(7) (通号 765) [2010.7] 
 p.342~(8P)に収録。

参考資料8 「新規需要米 こうつくる こう売る(第5回)めざすは一億食の米麺販売」
 『現代農業』89(8) (通号 766) [2010.8] 
 p.346~(4P)に収録。

参考資料9 「新規需要米 こうつくる こう売る(第6回)」
 『現代農業』89(11) (通号 769) [2010.11] 
 p.338~(6P)に収録。

参考資料10 「新規需要米 こうつくる こう売る(第7回・最終回)米で売るより粉で売る、
 米粉パンで売る--石川県小松市・(農)明峰ファーム)」
 『現代農業』89(12) (通号 770) [2010.12] 
 p.342~(6P)に収録。
回答プロセス
(Answering process)
1 キーワード「新規需要米」「米粉」で蔵書検索及び
  NDC611~616の分類をブラウジングするが、見つからず。
  
2 国立国会図書館NDL-OPAC 雑誌記事索引にて、上記キーワード検索。
  ヒットした資料の中から当館所蔵資料をご案内。

3 オンラインデータベース『JapanKnowledge』『ルーラル電子図書館』を使用。
  上記キーワード検索。数件の情報を得る。
  
4 東北農政局や農林水産省のホームページを確認。
  上記キーワード検索。ヒットした情報をもとに米穀に関する法律を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農業経済・行政・経営  (611 9版)
作物栽培.作物学  (615 9版)
食用作物  (616 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 『現代農業』88(12) (通号 758) [2009.12] 農山漁村文化協会
2 『現代農業』89(2) (通号 760) [2010.2] 農山漁村文化協会
3 『現代農業』89(3) (通号 761) [2010.3] 農山漁村文化協会 
4 『現代農業』89(4) (通号 762) [2010.4] 農山漁村文化協会
5 『現代農業』89(5) (通号 763) [2010.5] 農山漁村文化協会
6 『現代農業』89(6) (通号 764) [2010.6] 農山漁村文化協会 
7 『現代農業』89(7) (通号 765) [2010.7] 農山漁村文化協会
8 『現代農業』89(8) (通号 766) [2010.8] 農山漁村文化協会
9 『現代農業』89(11) (通号 769) [2010.11] 農山漁村文化協会
10 『現代農業』89(12) (通号 770) [2010.12] 農山漁村文化協会
岩手県公式ホームページ  http://www.pref.iwate.jp/
(最終アクセス 2011年5月12日)
日本法令索引  http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/
(最終アクセス 2011年5月12日)
全国穀類工業協同組合  http://www.komeko.net/
(最終アクセス 2011年5月12日)
米粉倶楽部 フードアクションニッポン  http://syokuryo.jp/komeko/
(最終アクセス 2011年5月12日)
国立国会図書館NDL-OPAC  http://opac.ndl.go.jp/
(最終アクセス 2011年5月12日)
キーワード
(Keywords)
米穀
新規需要米(新用途米穀)
米粉
飼料用米
エサ米
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000085013解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!