このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000084435
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
与野-1-00024
事例作成日
(Creation date)
2009年05月14日登録日時
(Registration date)
2011年04月11日 11時51分更新日時
(Last update)
2016年11月30日 16時52分
質問
(Question)
旧民法によるいわゆる「隠居」制度(長子単独相続)申請とその効果についての詳細を知りたい。
回答
(Answer)
『Q&A相続登記の手引き 増補』日本加除出版
  この資料のp.77-221に旧法での家督相続について記載されている。このうち、p.111 隠居の際の財産留保と相続の登記、p.195 旧法中の隠居・入夫婚姻による家督相続と前戸主の財産留保の関係 の2項が参考該当の項目と考えられる。なお、該当の旧法は、旧民法 第4編 親族 第三節 戸主権の喪失(隠居)について、戸籍法 第九節 隠居・第十一節 家督相続 以上2法は、中央図書館所蔵「旧法令集」に原文が収録されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民法.民事法  (324 9版)
参考資料
(Reference materials)
『Q&A相続登記の手引き 旧法・韓国・中国関係』 高妻 新/著 日本加除出版 1998
キーワード
(Keywords)
隠居制度
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000084435解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決