このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000084392
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2007-04-002
事例作成日
(Creation date)
2007年04月23日登録日時
(Registration date)
2011年04月09日 11時31分更新日時
(Last update)
2013年08月27日 14時18分
質問
(Question)
1年前の今日(※平成18年4月22日)の月齢が知りたい。また、昭和分全部の月齢が一覧できるものがないか。できれば、それぞれの月齢に、新月、満月などが書いてあればベスト。
回答
(Answer)
以下の当館所蔵資料及びインターネット情報を紹介。資料については、いずれも1年分が月毎の表になっており、数ページにわたっている。
資料1:正午月齢は「23.7」とあり、前日の4月21日が下弦とある。
資料2:「暦の部」の月ごとの表(平成18年1月~12月まで)には、それぞれ月相、月齢も書かれており、当時(平成18年4月22日)の月齢は「20.7」、4月14日が満月、前日の4月21日が下弦、4月28日が新月とある。なお、p1の解説に、月齢は「最も近い前の朔の時刻から、その日の正午までの経過時間を日数(平均太陽日)で表したもの」とある。
資料3:月齢(21時)は「24.1」とあり、月相は上記と同じ。本の見返し部分に、「月齢カレンダー」があり、2005年11月~2007年6月までの月の満ち欠けを表す記号が示されている。
資料4:月齢の計算方法として、東京大学名誉教授の堀源一郎氏が考案した方法が紹介されている。
資料5:月の満欠、月齢、潮名がカレンダー風にまとめてある。該当日を検索したところ「月齢 23.7(有明月)(小潮)」※潮名、月の満ち欠けの通称も表示。月齢は、計算地での毎日正午(12時)の値。
資料6:指定した一年分の月齢カレンダーが表示される。【資料5・6】ともに、計算期間は1590年から未来2199年まで可能。月毎、年毎の一覧は可能だが、数年分の同時一覧はない。

<2011/4/24追記>
資料7:計算日時、計算地点、計算内容(今回は、「月の満ち欠けカレンダー」)を選択して検索し、月齢は「23.7」。検索年のカレンダーが表示される。計算期間は2001年から未来10年についての検索が可能。

<2013/8/27追記>
資料8:「朔望萬年歴」があり、月齢はないが、1901(明治34)年~2000(平成12)年までの月の満ち欠けを表す記号と、朔・上弦・望・下弦それぞれの日付と時刻が書かれている。
資料9:巻末に、「月齢表」があり、月齢はないが、1966年~2003年までの新月・上弦・満月・下弦の日付と時刻がまとめられている。
回答プロセス
(Answering process)
(1)月齢の質問だったので、該当の日付が掲載されている【資料1・2・3】の内容を確認。

(2)直接書架にあたり、天文関係(440)の資料も調査。

(3)インターネットで、「月齢」検索し、月齢を計算できるサイトをさがす。気象庁、気象台のページには月齢についてはなく、国立天文台のページにあたる。
 
(参考)
・〔理科年表オフィシャルサイト:暦部 月齢とは〕 http://www.rikanenpyo.jp/kaisetsu/koyomi/koyomi_008.html (最終確認2011/4/24)
・〔Wikipedia:月齢〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E9%BD%A2 (最終確認2011/4/9)
・〔Wikipedia:月〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88#.E6.9C.88.E9.BD.A2.E3.81.A8.E5.91.BC.E3.81.B3.E5.90.8D (最終確認2011/4/9)より、
地球から見て、太陽と月が同じ方向にある瞬間を、朔(さく)又は新月といい、朔からの経過時間を日単位で表した数値を月齢という。
月には、月相(月の満ち欠け)に応じて、「朔、上弦、望、下弦」の4つの名称がある。

※(類似事例・レファレンス協同データベース)
・「今日の月齢を調べたい。(近畿大学中央図書館:20090717-2)」 http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000056485 (最終確認2011/4/9)
・「1949年~1960年の各年の、8月24日の月齢が知りたい。(大阪府立中央図書館:OSPR10030010)」 http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000070713 (最終確認2011/4/9)
・「満月と新月の分かる方法は?(宮崎県立図書館:宮崎県立195)」 http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000058477 (最終確認2011/4/9)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
天文学.宇宙科学  (440 8版)
月  (446 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『理科年表 第79冊(平成18年)』 国立天文台/編,丸善,2005.11 ※貸出禁止資料 (p11(暦11)「暦部:月 平成18年4月 2006」 書庫R403.6/コ/79)
【資料2】 『山陰の気象暦と潮汐 2006年版』 日本気象協会中国支店/編,日本気象協会中国支店,200511 ※貸出禁止資料 (p9「平成18(2006)年4月」 郷土094.5/66/06)
【資料3】 『天文年鑑 2006年版』 天文年鑑編集委員会/編,誠文堂新光社,2005.11 ※貸出禁止資料 (p22「毎月の空:4月の空」 書庫R440.5/テ/06)
【資料4】 『空と月と暦 天文学の身近な話題』 米山 忠興/著,丸善,2006.1 (p63~71「Ⅱ-4 月齢と「おにおににし」」 440/ヨ06/)
【資料5】 〔こよみのページ:月齢カレンダー〕 http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm (最終確認2011/4/9)
【資料6】 〔こよみのページ:年間月齢カレンダー〕 http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi? http://koyomi.vis.ne.jp/sub/moon_year.htm (最終確認2011/4/9)
【資料7】 〔国立天文台:暦計算室 > こよみの計算 〕 http://www.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/koyomix.cgi (最終確認2011/4/9)
【資料8】 黒坂紘一, 河村真光 著. 20世紀の暦 : 朔望万年暦. 光村推古書院, 1994.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002324323-00 , ISBN 4838101333 (当館請求記号 書庫449.3/ク94/)
【資料9】 アーノルド・L.リーバー 著 , 藤原正彦, 藤原美子 訳. 月の魔力 増補. 東京書籍, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002540104-00 , ISBN 4487761670 (当館請求記号 書庫446/0008/)
キーワード
(Keywords)
月齢
月相
新月(朔:さく)
満月(望:ぼう)
上弦
下弦
天文
満ち欠け
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000084392解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決