このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000083455
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2010-0030
事例作成日
(Creation date)
2010/12/25登録日時
(Registration date)
2011年03月31日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年03月31日 02時00分
質問
(Question)
聖書で「ネフィシュ」(ヘブライ語)がイザヤ書の終わりのほうに出てくるが、
意味を知りたい。「たましい、のどぼとけ、こころ」といった意味らしい。
回答
(Answer)
『岩波キリスト教辞典』のp1212-1213の「霊魂」に「ヘブライ語の「魂」nepesは、もともと「のど」の意から、「息」を表し、それが特徴づける「生命」という意味を持つようになった(なお、nepesのpはpの上に-がある字で、sはsの上にvがある字)。」としています。

『聖書思想事典』のp557-560の「魂」においてp558の「Ⅰ生ける人間」に「魂をさす聖書の言葉(へ:nepes;ギ:psuche)は、直接・間接に“息”の観念と結びついている(へ:nepes[なお、nepesのsはsの上にvがある字];ギ:psuche[psucheのeはeの上に-がある字])。」との記載があります。

『キリスト教大事典』のp683の「たましい 魂」〔ヘ〕nepes「旧約において魂と訳されているのは主としてnepesである[なお、nepesのpはpの下に-がある字で、sはsの上にvがある字]。」としています。

『聖書神学事典』のp505-508の「たましい」に「「たましい」と訳されるヘブル語は、「ネフィシュ」であり、旧約聖書において755回使用されている。」とあります。

『旧約聖書の人間論』のp33-66の「第1章nepes 困窮した人間」に詳しい記載があります(なお、nepesのsはsの上にvがある字)。

『ケンブリッジ旧約聖書注解 1 創世紀』のp41-42「人間の製作」のp42に「ネフィシュ」の説明があります。

このほか、Geniiで「nepes」を検索すると、次の文献がありました。
西満「旧約聖書におけるNepesの用法と古代イスラエルの人間観」(『東京キリスト教短期大学論集』3 1971.6)p40-62

(インターネットの最終アクセス:2010年12月25日)
回答プロセス
(Answering process)
キリスト教関係、聖書関係の辞典で「たましい」
「魂」「霊魂」「ネフィシュ」を調べます。
また、Genii を「nepes」で検索します。
『聖書神学事典』のp505-508の「たましい」のうち、p508に参考文献の掲載があり、『旧約聖書の人間論』の文献がわかります。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
聖書  (193 9版)
参考資料
(Reference materials)
『岩波キリスト教辞典』(大貫隆[ほか]編 岩波書店 2002) (0105698102)
『聖書思想事典』(X.レオン デュフール[ほか]編 Z.イェール訳監修 新版 三省堂 1999) (0105537193)
『キリスト教大事典』(日本基督教協議会文書事業部キリスト教大事典編集委員会編 改訂新版 教文館 1977) (9102880415)
『聖書神学事典』(鍋谷堯爾、藤本満監修 いのちのことば社 2010) (0106212610)
『旧約聖書の人間論』(H.W.ヴォルフ著 大串元亮訳 日本基督教団出版局 1983) (9102412880 )
『ケンブリッジ旧約聖書注解 1 創世紀』(R・デヴィドソン著 新教出版社 1986) (9102413199 )
キーワード
(Keywords)
ネフィシュ
旧約聖書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000083455解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!