このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000083239
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR11010051
事例作成日
(Creation date)
2011年1月30日登録日時
(Registration date)
2011年03月26日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年03月27日 12時26分
質問
(Question)
海外のホテルグレード中に
1)International Tourist Hotel
2)Tourist Hotel ---
3)Commerce Inn
などの表示があったが、「Commerce Inn」とは日本のビジネスホテルに相当するものか?ビジネスマン専用のホテルか?
「International Tourist Hotel」などとの主な相違点を知りたい。
回答
(Answer)
残念ながら、ホテルランクに[Commerce Inn]と表記されたものを見出すことはできませんでした。

当館所蔵の以下の資料にホテルランクの解説が若干ありますが、[Commerce Inn]の表記は見当たりませんでした。

■『世界のホテル割引ホットライン 日本語解説版 2000年度』ダイヤモンド社 2000.2
「ホテルクラスの目安」(p.8)に、[Deluxe][Superior First Class][First Class][Superior Tourist][Tourist][Budget]の6ランクを紹介。注意書きに「*本誌掲載のホテルのクラスは、上記ガイドラインに基づいてホテル自身が申告しているものであり、WTT及びWHHLの見解によるものではありません。」とある。*WTTは「ウッドサイドトラベルトラスト」、WHHLは「ワールドホテルホットライン」。

■『自由旅行者のための海外ホテル格安予約帳』情報センター出版局 1998.11
「ホテルリスト/クーポンの見方」(p.36-37)の「ホテルランク」に、「ラグジャリー」「デラックス」「スーペリア」「スタンダード」「エコノミー」の5ランクを紹介。「・・・お客様からのアンケートによる評価やスタッフのレポートをもとに、「日本人に適する」という観点で、独自に評価基準を設定」とある。

■『世界ホテル案内 32号』トラベルコンサルタンツオブジャパン 1977
「略号一覧」(p.7)に、[High Class hotel][Standard Class Hotel][Tourist Class Hotel]の3ランクを紹介。ランク分けの詳細は不明。

次にインターネットで「海外」「ホテル」「ランク」等のキーワードで検索すると、様々なサイトがヒットしますが、その中で

“Hotels:Hotel and Travel Index” というサイトでは、以下の10ランクを紹介しています。

Deluxe:[Superior Deluxe][Deluxe][Moderate Deluxe]の3ランク
First Class:[Superior First Class][First Class][Limited-Service First Class][Moderate First Class」の4ランク
Tourist Class:[Superior Toursit Class][Tourist Class][Moderate Tourist Class]の3ランク

また、“海外旅行の羅針盤”というサイトでは、ホテルのスターレート(“星の数”による評価)について、次のように説明しています。

「スターレートの格付け組織は、ヨーロッパの著名なミシュランガイドや各国政府観光局、アメリカの全米自動車協会(AAA)などがあります。世界的に統一された格付け基準はなく、これらのホテルランクは、ホテル選びの目安のひとつとして参考にしましょう。」

スターレートに関しては、“ホテルの賢い使い方/アップルワールド”というサイトもご参考になるかも知れません。

その他、“REUTERS(ロイター)”2009/11/27の「ビジネスホテルの世界トップ20、日本は該当なし」という記事が見つかりましたが、「パークハイアット」「シャングリラ」「セントレジス」といった高級ホテルが選ばれており、日本の「ビジネスホテル」の感覚とはかなり違いがあるようです。

因みに[Commerce][Inn]のキーワードで検索しヒットした「それ行けホテル視察隊!」というサイトでは、ロサンゼルスの“コマース地区”というエリア内にある「ラマダインコマース」というホテルが紹介されています。このホテルに限らず“コマース地区”内にあるホテルで「イン」&「コマース」の名を冠するものは他にもあるようです。

その他、以下のようなアメリカ滞在のコツなどが掲載されている旅行ガイドブックの類を調査しましたが、「Commerce Inn」を説明する記載は見出せませんでした。

■『ニューヨーク便利帳 2007年版』(山と渓谷社 2006.9)「宿泊(ホテル&モーテル)」(p.64-73)

また、『Encyclopedia Americana』(Scholastic Library Pub. 2005)および『Britannica』(Encyclop?dia Britannica 1989)の百科事典も見ましたが「Commerce Inn」の項目はありませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
観光事業  (689 8版)
参考資料
(Reference materials)
『世界のホテル割引ホットライン 日本語解説版 2000年度』(ダイヤモンド社 2000.2)(ページ:8)
『自由旅行者のための海外ホテル格安予約帳』(情報センター出版局 1998.11)(ページ:36-37)
『世界ホテル案内 32号』(トラベルコンサルタンツオブジャパン 1977)(ページ:7)
『ニューヨーク便利帳 2007年版』(山と渓谷社 2006.9)(ページ:64-73)
Hotels:Hotel and Travel Index(2011/02/09現在) (ホームページ: http://hotelandtravelindex.travelweekly.com/Hotels )
海外旅行の羅針盤(2011/02/09現在) (ホームページ: http://www.compass-j.com/sp39.html )
「それ行けホテル視察隊!」(2011/02/09現在) (ホームページ: http://ameblo.jp/his-losangeles/entry-10032008575.html )
「ホテルの賢い使い方/アップルワールド」(2011/02/09現在) (ホームページ: http://appleworld.com/apl/concierge/index.html )
キーワード
(Keywords)
スターレート 格付け クラス ランク
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000083239解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!