このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000083142
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3B-201103-05
事例作成日
(Creation date)
2011年03月23日登録日時
(Registration date)
2011年03月23日 18時09分更新日時
(Last update)
2011年03月30日 13時15分
質問
(Question)
上町断層とはどこにあるどんなものか。
回答
(Answer)
『あした起きてもおかしくない大地震』(島崎邦彦/ほか著 集英社 2001)及び『街道と活断層を行く』(大阪地域地学研究会/著 東方出版 2001)によると、上町断層は、豊中市から大阪市を経て岸和田市に至る上町断層帯の一部です。
上町断層帯は大阪平野をほぼ南北に走り全長42kmに及び、上町断層のほかに佛念寺山断層、坂本断層、久米田池断層などを含んでいます。
上町断層は大阪市から堺市まで続き、上町台地は上町断層の活動の結果できたものです。ただし断層自体は地表には表れず、上町台地の西側など市街地の地下を走っています。
『地震展2008』(大阪市立自然史博物館 2008)の記載によれば、2007年の内閣府の中央防災会議による発表で、上町断層による地震の被害は死者2万~4万人に及ぶという予想で、大阪府が行なった被害想定よりかなり大きい数字になっています。
また『最新日本の地震地図』(岡田義光/著 東京書籍 2006)には上町断層の最新の活動は9千~2万8千年前といわれているため、今後30年以内に地震が起きる確立は2~3%と高い確率になっていると記されています。
回答プロセス
(Answering process)
地震関連図書を中心に調査。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地震学  (453 9版)
参考資料
(Reference materials)
『地震展2008』塚腰 実/編集 ; 釋 知恵子/編集 ; 川端 清司/[ほか]執筆 大阪市立自然史博物館 2008 <当館書誌ID:0011775881>
『最新日本の地震地図』 岡田義光/著 東京書籍 2006 ISBN 4-487-80158-3<当館書誌ID:0011271506>
『あした起きてもおかしくない大地震』島崎邦彦/ほか著 集英社 2001 ISBN 4-08-781236-7 <当館書誌ID:0010105146>
『街道と活断層を行く』 大阪地域地学研究会/著 東方出版 2001 ISBN 4-88591-722-0<当館書誌ID:0010046352>
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市
上町断層
地震
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000083142解決/未解決
(Resolved / Unresolved)