このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000081838
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2008-09-002
事例作成日
(Creation date)
2008年09月18日登録日時
(Registration date)
2011年03月13日 16時23分更新日時
(Last update)
2011年03月25日 10時17分
質問
(Question)
平成18・19年度の日本の地震の回数(大きいものだけではなく)が知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下を紹介。
資料1:平成19年(2007年)に国内で、「震度1以上を観測した地震は2098回」。「平成18年は1343回」との記述あり。また、p100~p101にかけて、2007年の「「マグニチュード6.0以上」、「被害を伴った」、「震度4以上を観測した」、「津波を観測した」のいずれかに該当する地震」という表があり、該当する地震の「震源時」「震央地名」「震源要素」「最大震度・被害状況など」がまとめられている。
資料2:上記と同様の数字、表の掲載あり。また、p184の図1「主な観測点で2007年に震度1以上を観測した回数」があり、「最大震度別の回数」(震度1~7)の記載ある。

<2011/3/16追記>
上記資料は、毎年出版されており、現在、【資料1・2】ともに2010年版(2010年発行)が最新である。
(参考として)〔気象庁:震度データベース検索〕 http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/shindo_db/shindo_index.html (最終確認2011/3/13)1926年から2日前までに震度1以上を観測した地震を県別・観測点別に検索でき、震度別地震回数表(日別・月別・年別統計)を出すことができる。
また、上記データベースも含め、〔気象庁>気象統計情報 > 地震・津波〕 http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/index.html (最終確認2011/3/16)に、地震・津波に関する各種データ等の掲載がある。
回答プロセス
(Answering process)
参考資料で気象(451)の書架に直接あたり調査。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『気象業務はいま 2008』 気象庁/編集,研精堂印刷,2008.6 ※貸出禁止資料 (p100~101「日本及びその周辺の地震活動」 書庫R451.2/キ/08)
【資料2】 『気象年鑑 2008年版』 気象業務支援センター/編集 気象庁/監修,気象業務支援センター,2008.7 ※貸出禁止資料 (p180~184「日本及び世界の地震活動」 書庫R451.9/キ/08
)
キーワード
(Keywords)
地震
震度
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000081838解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決