このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000081835
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2008-10-002
事例作成日
(Creation date)
2008年10月01日登録日時
(Registration date)
2011年03月13日 15時57分更新日時
(Last update)
2011年09月25日 11時27分
質問
(Question)
明治期の建築家で、旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)、帝国博物館を建てた片山東熊について、書かれた資料がみたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下を紹介。
資料1:p457に、開局に際しての主なる関係官員として「片山東熊」の名前がある。
資料2:片山東熊の生い立ちから、人柄、作品、代表作の赤坂離宮について、詳細な記述あり。
資料3:「第二章 東京帝室博物館」のなかで、「表慶館」について書かれてあるp103~104に、片山東熊についての記述、片山東熊の写真、設計した建築物の写真について掲載あり。
資料4:明治の建築界をリードした人物の一人として「片山東熊」についての記述あり。

<2011/3/16追記>
資料5:「コンドル先生と4人の弟子」の一人として、片山東熊が取り上げられている。
資料6:1917年10月23日没として、片山東熊の写真と略歴あり。
資料7:p102~149まで「東宮御所」について書かれてあるなかで、p107に「東宮御所造営の実務を主導したのは、片山東熊である」として、片山東熊について触れている。
資料8:片山東熊の生涯、その作品について書かれた論文。図版10枚あり。
回答プロセス
(Answering process)
(1)自館OPAC、〔NDL-OPAC〕、〔総合目録ネットワークシステム〕で著者名、タイトルなどで検索するも、単独の著作、作品集はヒットせず。

(2)明治期の建築家ということだったので、「明治」「建築」、代表作の建築物名などで更に検索。

(3)〔国立国会図書館:リサーチ・ナビ〕 http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/ (最終確認2011/3/16)で、「片山東熊」を検索。→本15件ヒット。

(4)〔CiNii〕 http://ci.nii.ac.jp/ (最終確認2011/3/21)で、「片山東熊」を検索。→本人が書いた論文を含め、19件ヒット。

(参考)〔Wikipedia:片山東熊〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%B1%B1%E6%9D%B1%E7%86%8A (最終確認2011/3/13) 
片山東熊・・・嘉永6年12月20日(1854年1月18日)-1917年(大正6年)10月24日
明治期に活躍した建築家。山口県生まれ。ジョサイア・コンドルの最初の弟子。
代表作である旧東宮御所(現・迎賓館)は、2009年に明治以降の建築としては初めて国宝に指定。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築学  (520 8版)
日本の建築  (521 8版)
西洋の建築.その他の様式の建築  (523 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『明治工業史 4 建築篇』 日本工学会/編,学術文献普及会,1968 (p455~458「第三章 赤坂離宮 第一節 概要」 書庫502/29/4)
【資料2】 『日本の建築〔明治大正昭和〕2 様式の礎』
三省堂,1983 (p141~167「様式の礎 片山東熊」、p169~171「片山東熊年譜」 書庫521/0094/2)
【資料3】 『昭和初期の博物館建築』 博物館建築研究会/編,東海大学出版会,2007.4 (p103~104 523.1/シ07/
)
【資料4】 『図説近代建築の系譜』 大川三雄/[ほか]著, 彰国社,1997.6 (p28~33「日本人建築家の誕生」 書庫523/ズ97/)
【資料5】 『明治建築をつくった人びと』 大成建設,1999 ※貸出禁止資料 (書庫VT523.1/メ99/)
【資料6】 『朝日クロニクル 週刊20世紀 1917 大正6年 ロシア革命』 朝日新聞社,200003 (p27「冥銘録 片山東熊」 210.7/ア/17)
【資料7】 『明治の皇室建築 国家が求めた<和風>像』 小沢 朝江/著,吉川弘文館,2008.11 (p107 521.8/オ08/)
【資料8】 塩田 昌弘「片山東熊とその時代」 『大手前大学社会文化学部論集』 (4) [2003] p75~95   (※〔CiNii〕 http://157.1.40.181/ (最終確認2011/3/21)で本文をPDFで見ることができる。
)
キーワード
(Keywords)
片山 東熊 (かたやま とうくま)
宮廷建築家
赤坂離宮
東宮御所
ジョサイア・コンドル
迎賓館
帝国博物館-帝室博物館-国立博物館
表慶館
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000081835解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決