このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000081591
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006951
事例作成日
(Creation date)
2010年12月01日登録日時
(Registration date)
2011年03月10日 15時20分更新日時
(Last update)
2011年03月10日 15時20分
質問
(Question)
「ジュネーブ条約」の捕虜に関する条約について書かれた資料があるか。
回答
(Answer)
ジュネーブ第3条約(捕虜待遇条約)が該当の条約である。『国際条約集』2010年版(奥脇直也編集代表 有斐閣 2010年)などに条文の抜粋の掲載が、『捕虜体験記』第3巻(ソ連における日本人捕虜の生活体験を記録する会編集・発行 1987年)などに1929年の全文の掲載がある。また、参考文献として『国際人道法戦争にもルールがある(朝日選書)』(小池政行著 朝日新聞社 2002年)、『国際人道法』(藤田久一著 有信堂高文社 2003年)などがある。詳細については照会資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.ジュネーブ条約について『世界大百科事典』全31巻(平凡社 2007年)の索引から検索。第26巻の「捕虜」の項に1949年のジュネーブ捕虜条約について解説がある。また、15巻の「赤十字条約」の項、及び22巻の「バーク平和会議」の項で確認すると、「ジュネーブ条約」とは「赤十字条約」のことで、戦時の傷病兵、捕虜、抑留者などの保護を目的としてジュネーブで結ばれた諸条約の総称。「戦地にある軍隊の傷者・病者の状態改善に関する条約(」(1864年。※1906年、1929年、1949年改正)と「ジュネーブ条約の原則を会戦に適用する条約」(1899年ハーグ平和会議で採択。※1907年、1949年改正)、「捕虜の待遇に関するジュネーブ条約」(1929年。※1949年改正)、「戦時における文民の保護に関する条約」(1949年)の4つの条約がある(ジュネーブ4条約)。

2.条約集で「捕虜の待遇に関するジュネーブ条約」について確認すると、次のものにジュネーブ第3条約(捕虜待遇条約)の掲載があったが、すべて抜粋だった。
・『国際条約集』2010年版(奥脇直也編集代表 有斐閣 2010年)
・『解説条約集』2009(広部和也編修代表 三省堂 2009年)
・『コンサイス条約集』(杉原高嶺編修代表 三省堂 2009年)
・『国際人権条約・宣言集』(松井芳郎編集 東信堂 2005年)

3.インターネットの国立国会図書館レファレンス協同データベースで、キーワード「ジュネーブ条約」を検索すると、次のものがヒット。
(1)「「捕虜の待遇に関するジュネーブ条約」(1929年)の条文を知りたい。できるだけ原文に忠実な邦訳がよい。(埼玉県立久喜図書館)」
( http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000030655 ※2011.2.15確認)
・『捕虜体験記』第3巻 ウラル以西篇(ソ連における日本人捕虜の生活体験を記録する会編集・発行 1987年)→p370-386に「資料」として、1929年の全文が掲載。
(2)「1929年のジュネーブ条約の全文が載っている本はありますか。ない場合は、どこへ行けば見られますか(東京都立中央図書館)」( http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000001853 ※2011.2.18確認)
・『大東亜戦争俘虜関係外交文書集成』第1巻(茶園義男編・解説 不二出版 1993年)→未所蔵
・『十五年戦争極秘資料集』第11巻 俘虜ニ関スル諸法規類聚(不二出版 1988年)→p150-161「俘虜ノ待遇ニ関スル条約(仮訳)」(1929年)の掲載。また、p296-292には仏文、p293-322には英文の掲載。
・『戦時外国人強制連行関係史料集』第1巻 俘虜収容所(林えいだい監修・責任編集 明石書店 1990年)→p134-161「俘虜ノ待遇ニ関スル条約(仮訳)」(1929年)の掲載

4.自館システムで件名「捕虜」「赤十字」で検索すると、捕虜と赤十字に関する図書に次のものがあった。
・『知られざる戦争犯罪:日本軍はオーストラリア人に何をしたか』(田中利幸著 大月書店 1993年)→第1章「捕虜虐待とジュネーブ条約:サンダカン捕虜収容所を中心に」
・『欧米人捕虜と赤十字活動:パラヴィチーニ博士の復権』(大川四郎編訳 論創社 2006年)

5.また、件名「国際人道法」で検索すると、ジュネーブ条約に関する記述のある資料として次のものがあった。
・『国際人道法戦争にもルールがある(朝日選書)』(小池政行著 朝日新聞社 2002年)→p46-54第2章「赤十字と国際人道法」第2項「ジュネーブ条約の採択」
・『国際人道法』(藤田久一著 有信堂高文社 2003年)→p141-154第3章「武力紛争犠牲者および財産の保護」第2節「捕虜の資格と待遇」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国際法  (329 9版)
参考資料
(Reference materials)
『国際条約集』2010年版(奥脇直也編集代表 有斐閣 2010年) (p710-721)
『解説条約集』2009(広部和也編修代表 三省堂 2009年) (p872-879)
『コンサイス条約集』(杉原高嶺編修代表 三省堂 2009年) (p428-431)
『国際人権条約・宣言集』(松井芳郎編集 東信堂 2005年) (p754-777)
『捕虜体験記』第3巻 ウラル以西篇(ソ連における日本人捕虜の生活体験を記録する会編集・発行 1987年) (p370-386)
『世界大百科事典』第15巻(平凡社 2007年) (p489)
『国際人道法戦争にもルールがある(朝日選書)』(小池政行著 朝日新聞社 2002年) (p46-54)
『国際人道法』(藤田久一著 有信堂高文社 2003年) (p141-154)
キーワード
(Keywords)
ジュネーブ条約
赤十字条約
国際条約
捕虜
戦争
赤十字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
政治・行政・外交
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000081591解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!